home goods add reg Island gall link blog

ヘビー・ロー・テンションからヘビー・ハイテンションっていうのを書くつもりだったんだが

諏訪之瀬島大好きっこのみんな!


またくだらないブログを書こうと一日考えてたんですが、
体力気力の限界です。

で、簡単に今夜の釣果だけ。

8時出勤、トビが毎日入るので網が3つも入ったため、仕方なく高い上の堤防で釣り開始。

真っ暗になってしばらくするとトビの群れが港内に入ってきた。

今夜も釣れる予感。


1回目のヒット・・・ぎゅーーーん、結構ライン出たあと2度目のランでライン飛び、凹む。

すぐ2回目ヒット。。ぎゅーーーーーーんコイツデカい!止まったと見せかけて急に走りやがり、ロッドを起こして耐えたところでラインがまた飛ぶ。
釣れない連鎖感が漂う。

テンション下がりまくる。

気を取り直して、投げる!すぐヒット!

堤防真ん中付近でかけたので、網に行きそうになり先端に向かって綱引きする。

やっと浮かせたのだが一人だったため、足でタモを海中に落としたが、ちゃんと落ちてくれず、

手間取っているうちにルアーがロープにからまり、魚がフックからはずれ最後の最後でキャッチできず。

その後堤防から遠い洞窟付近でボイルがあったので。

ルアーをハリアーに代え距離重視でキャスト。

着水、ワンアクションでぎゅーーーーーー!とまるかと思ったらそのままぎゅーーーーーー

120mほど一度も止まらず走り続けられて根ずれでおしまい。

少し時間をおいてまた梅雨をキャスト。




コイツが釣れたのだが堤防に上げるのに時間がかかりすぐリリース。

30オーバーってところ。

釣り終わったところにトビ網の回収が始まったので、

楽にランディングできる、下の低い堤防に移動、

時間も時間だしこれで帰ろうと思った1投目、

ギューーーーーーーンン!


さっき釣ったばかりだったので腕の筋力も残ってない。
無理せず時間かける。

これで今日6回目のファイトで、ギンバル使わない私はあそこの下が痛くてたまらん(あそこだけに)

やっとランディング



カメラもオレも調子最低!

30無いぐらいですね。

腕のちからがないので計測も今日はしなかったです。


なので腕パンパンでもう2時、寝ます

今夜もブギィ バック♪

みなさんのリクエストにお応えして一曲!


切石港に飛びまくるトビウオ 僕をそっとつつむようなトビ臭♪

ブギィ キャスト!シェイク、フックアップ♪

ヱビス様がくれた つらいつらい根ずれ&ブレイク♪

日が暮れるのを待たずに ナイトゲームの釣りのはじまり♪


ロッドで梅雨をドカーッと投げて キターと叫んでドカドカ巻いて♪

オイラのヒザ プラスもーキツイ♪

リールを一気に 巻き取り

疲れてみんなに セイ ハロー

HEAD and ON TO THE BREAK LINE

てな具合に ええ釣りたいッスねー

いいっすね イェーッ!! なんてねーっ

釣りたいコレ?コレ釣りたい?

釣り釣り釣り釣り釣りたくなーい?



釣りたいに決まってるだろ〜〜。

またまた下らんことを考えながら先ほど帰ってきました。

歌詞の中にあるように、今夜は7時半には出勤。

まだ真っ暗でなかったためトビの気配はわからず、

タックルの準備をしながら暗くなるのを待つ。

8時を回ったころから、仕掛けてあった網にトビが刺さりだし、

今夜も楽しそうな予感がした。

網があるために高い堤防の中央付近でキャストを開始。

そして今夜も2投目・・・・・強いガツン!の前あたりのあとすぐドラグが走り出した。

高い堤防からだと危険がいっぱーいなので少しドラグを少し締めこむが止まらない。

これもデカい!30kg以上は確実と確信してるとやっと最初のランが止まった。

さぁ〜〜今日も回収し始めると右にじわじわと魚が移動しさらにラインも出る。

やっべーーっと思ってるうちに堤防に張り付きリーダーこすれる。

今から先端に向かって移動はできない、先端内側の角で切られるだけだ!

このやろーーーとロッド真横に引き込むがヘッドシェイクで抵抗してこっちを向いてくれない。

なんとかしのいで堤防から少し離れた瞬間、ガリガリブチーーーっ!

堤防下の根でブレイクしちまったぁ〜〜。

あ==あと少しライン回収しておけば楽勝だったのに。

もしくは早めに堤防の先端に行くべきだったのか。。あ〜〜またまた反省。


その後、時間とともにトビの数と活性もあがりところどころでトビが逃げる音がする。

今夜は私と仲のいい島民が水中灯をたいてトビをすくいに来ていたのだが、

トビ網付近で水中灯を点灯した瞬間、目の前のあちらこちらでGTがバッシャーーーン!

同時に10発ほど出まくる!おーーーーパラダイス。

もちろんすぐキャスト!

こういう場合は梅雨を沈めず、水面下をできるだけスローでリーリングしてちょっと止める。

ゴツゴツと2回ほどGTが甘噛みいしてくるも完全に乗らない。

3度目のあたりぐらいでやっとドラグが走る。

あ〜〜今日も鯵汁だよ!お母さん、それもキューサイの鯵汁だよ!


おおーーコイツも、けっこうデカいかもしれない!30〜40mほど出されたところで止まるが、

ヘッドシェイクがやけに重たい感触がする。


さっきのブレイクの後だったので腕の筋力が思ったように回復しておらずもたもたしてしまい。

堤防下のロープにラインが絡まってしまい、どうすることもできなくなった。

たまたますぐ漁師さんが船で出てきたので、ラインを外し魚を回収していただいた。



重くて持てない 実測37.8kg



梅雨を飲み込んじゃってます。



とりあえず鯵汁はあびておきました。

残念なことに魚はリリースできそうになかったため、クーラーを取に帰り氷詰めして保存しました。



しかし今夜はここからがドラマの始まり。


毎晩、堤防に見物に来て写真を撮って頂いたり落とし網入れてくれたりしていただいたKさんは、
実はルアーが大好きな方で、
今夜はやる気を出して、梅雨ブギィを買っていただきました。

もちろんGTなどは初心者でしたのでタックルも不安だらけ。

とてもじゃないが獲れる道具ではなかったので、私が持ってる11fnロッドをレンタルいたしました。

先ほど釣ったGTの処理で車で走り回ってると、トビすくいをしていた島民の方から携帯に電話。

「杉田さん、あの人なんか釣ってるんだけど!」

「ええまじっすか!わかりましたすぐ行きます!」

堤防までダッシュで戻ると、座り込んでロッドを抱え必死に耐えているKさんがいました。

私はすぐKさんに「とりあえず立ちましょう、ファイトできる体制作りましょう」

と、話すとKさんは立ち上がりファイトを始めた。

ポンピングの仕方タイミング、リールの巻き方を横ではなしながら必死に応援!

あまりにもうらやましかったので、

「kさん、どうっすか、楽しいっすか?ドキドキしてるっすか?」

と真剣に聞いたら、ほとんど答えてもらえずショックでした・

っていうか、生涯初めてのGTなのに答える人もいないわけでして。

リールが8000番、ラインが6号だったため、あわてず着実にライン回収を言い聞かせ、

じわじわと魚を寄せていただきました。

そうですね〜〜20分ぐらいファイトしたでしょうか、やっと光る魚体が浮かび、

人生初のGTをゲットいたしました。

記念すべき1本がコレ







実測32.6kgだったかなぁ〜〜

人生初が30kgオーバーとかありえますか・・・いや〜ほんとよかったよかった。


しばらく初ヒットの余韻にみんなで浸っていたところ、目の前でトビがわさわさ、

「話てる場合じゃないっすよ、ほら投げなきゃ。」


しばらくするとまたまたKさんの8000番のリールが悲鳴を上げている。


「ええ〜〜〜またかけたの?」

「はい、ゴツっとあたりがきたあと、持っていきました」

ファイトも先ほどと比べ物にならないぐらい余裕なファイト!

ん〜〜センスあるんじゃねーーー!

あわてずじわじわ魚を寄せ無事ランディング成功!



実測23kg


Kさん、さぞかし忘れられない夜になったでしょう。

一緒に楽しめて今夜は最高に楽しかったです。

焼酎も進みます。。。。ではおやすみなさい。



鯵汁三昧、今ならトラブル付き

あ〜間に合ってよかった。
の、理由はまた後ほど。



今夜も堤防勤務してまいりました。

たまたま夜7時半より9時過ぎまで通船組合総会(フェリーの通船作業をする人たちの話合いです)があったため、

いつもより遅い出勤となりました。

総会も終わり急いで堤防についてみると、

北東の強風で港の中は少しジャブってたが釣りができないほどではないので、

あわててタックルの準備をしました。


2晩連続ヒットのフェリー係留の堤防からは向い風なのでちょっとやりづらい状況だったのですが、

なんと今夜はトビ網なーーーし!

漁師の方も総会に出席していたため、網入れなかったとのこと。

じゃーとりあえずここでやるか!とポイント決定。

車のライトで港を照らすとちょこちょこトビはいるようだ。

昨夜も釣りを見に来ていた堤防工事で島に滞在している人とちょこっと雑談しながら、

1投目・・・風強く距離でない・・これじゃだめだ。

高い堤防に移動して追い風で投げるか迷う。

「風強いですね〜高いところから攻めようかな〜」

ブツブツ言いながら、本日2投目をできるだけの力でフルキャスト!・・・そして沈めて20秒。

最初のゆっくりジャークで3秒ステイ・・・コツコツン。

ん?トビか?なんか当たった・・・そのまま動かさずに沈めるが何もなし。

もう一度、ゆっくりジャーク、手も息も止めて5秒待つ。

コココココッ・・・ん?

ジ・ジ・ジ・ジャーーーーーっ!

喰ったで!走れぇ=

ジャーーーーーーーーーーーーーーーーー!

トマンネーーーデケーー何〜〜〜〜〜走りすぎなんだよコイツ。

そしたら、50mほどグングン首振りながら走ったがようやく止まった!

と、おもたらまたジャーーーーーーっ!

やっべーよーー少しあせってきてスプールを押さえるも止まらず。

ぐっと力が入った瞬間・・・パーーーン。

あ〜〜〜〜ライン飛んだ、スプールで切れた、あせりすぎだ

あ〜〜〜〜〜3日連続ヒットだったのに。

今日のブログのタイトルは「鯵汁三昧」と決めていたのに。

くだらんことを考えてるとろくなことはないと反省しつつ。

サブのロッドに代えて同じ場所を攻めてみたが、反応はいまいち。

少し海を休ませて再度同じ場所でキャストを開始、

早くしないと月上がって明るくなると考えながら、先ほどのヒットのイメージを再現しながら沈める。

コッツンコツン!

来たかコレ?  そのまま沈めると。

ジッジッ。


グングンと首振りがラインを通じて手に伝わる。

やったぜーーGのTだ!

ん?

あれ?

なぜ走らない?

ちょっとがっかりしながらも巻き巻きライン回収。

楽に上がって落とし網でキャッチし計測。

実測で23.8kg(話題のタニタデジタル体重計使用)

小型なGTだったのだがこれで「鯵汁三昧」が使えると思うとニヤニヤし、

鯵汁を浴びながらのお姫様抱っこで写真撮影。

ん?

おかしい、あれ?カメラにメモリー入ってねーーーーっ。

最近、ブログに使うのでPCに突っ込んだままで忘れてしまった。

カメラをお願いした見物の方に平謝りでした。

なので今夜は画像一切なし。

信じるも信じないもアナタ次第。

唯一の証拠は今夜着用していた鯵汁三昧の「現場用Tシャツ」ネイビーLサイズのみ。

今も着たままなのですがなんとも言えないこの香りをお届けできないのが残念でなりません。

洗っても鯵臭なかなか取れないんですよね。


さて、気を取り直して釣り再開。

しばらくすると港の一番奥のテトラ前でトビの気配があったため移動。

キャストしてアタリなしのままルアー回収するとトビがついて来ていた。

トビいるなここ。

よっしゃー釣るぜ!

2投目。。。フルキャスト!

風が少しおさまったためよく飛んだ。

20秒沈めて、最初のジャーク&ステイ。

コツガツっと当たった瞬間、ジィーーーーーーーっ。

やっぱここにヤツは居たーー。

20mほどラインを出したがすぐ止まったのでポンピングで回収開始!

足元まで寄せた魚を腰を入れて浮かそうとしたその瞬間、

「ビリッ」

お気に入りノースフェースの短パンのケツ破けた。

短パンより魚の方が大事なのでそのまま浮き上がらせ、

専属カメラマン(現物に来てる人)に落とし網の用意を指示。

指示というのは冗談ですが、現物の人も3本目のランディングなので慣れてきたらしく、

落とし網の用意を勝手にしてくれるようになりました。

ホント一人では大変なんで助かります。

おかげさまで本日2本目めでたくゲット!



さっそく計量と鯵汁三昧と行きたかったところなんですが、

腹フックがあごの下一番の外しにくいところに刺さっており、

バーブレスとはいえフックを外すのに時間がかかったため、

計測はせず鯵汁三昧だけを堪能してお姫様抱っこ状態でリリース。

無事に切石の海に帰って行きました。

サイズは目測で26か27kgってところでしょうか。


そして、2本も釣って喉も乾いたので持参したポカリを飲んで休憩していると、

「ググググググッ」

おなかの調子が急に悪くなり今にもブレイクしそうな予感、

時間は夜中12時を過ぎ月も上りあたりも明るく釣れそうな気配もなくなったことだし、

おなかもヤバそうなので急いで自宅に帰ることにしたのですが、

深夜で車を飛ばすわけも行かず、

民宿「御岳」を過ぎるあたりでおなかの限界が近づいてきましたが、

どうにが車内リバースだけは食い止め自宅に到着で速攻トイレで間に合いました。


それでは今夜2本ゲットのタックルは

ロッド  オシアGT97 (折れるまで使います)

リール  ステラ20000PG  

ライン  ウルトラダイニーマ8号

リーダー バリバス 60号

ルアー  梅雨ブギィD10チャートパールバック(風の影響もあったのでD10にしました)


今夜失ったタックルは

ウルトラダイニーマ8号100m

梅雨ブギィD7チャートパールバック

2本も釣ったという証拠写真

お気に入りだったノースフェイスの短パン

飲みかけのポカリスエット

以上です。




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:243 最後に更新した日:2016/11/24

search this site.

others

mobile

qrcode