home goods add reg Island gall link blog

青っティー!人生のすべての運を諏訪之瀬で使い果たすの巻

昨夜の堤防は現在確変中の青っティにザキTと私、
そして、昨日のフェリーで上陸したベテランの林君とチビタカ、
合わせて5人でのゲームとなりにぎやかな堤防となりました。

早めの8時半に出勤すると、すでにフェリー接岸壁でトビウオ加工業組合婦人部すみこさんがトビくすい中。
「今さっきぱーーーっと寄ったよ!」
イグロの中には100尾ほどのトビがすでに入っていた。

港内サーチではさほどトビが見えなかったので、
昨夜同様、堤防先端へ車で移動ししばらく様子を見ることにした。

早めにスタンバっていた林君に聞くとちょこちょことトビの気配はあるとのこと。
先端よりサーチしてみるとルアーが届くか届かないかの前方にトビの集団を発見しました。
ここ数日はずっとこの付近にトビが固まってますね〜〜〜。

さいわい南南東のフォローの強風が吹いていましたので、
何かが起こる気配がムンムンしてきます。

そして、ゲームのスターを切ったのはベテラン林君です。
今回は2週間ほどの長期ステイでGTを狙うようなので、前期のキャンプ場村長に任命いたしました。

「ヒット!」との声のあとは余裕のファイト




実測26kg一発目としてはなかなかのサイズ


そしてしばらくすると・・・・
先端内側角でずっと投げ続けていた今話題の青っティーにヒッ!!!ト!!!!!lッ!!!!

みんなが一斉に集まりサポート体制に入る。
グリップエンドを下げてファイティンググリップを持つように指示!
「チンコ痛くないか?」と聞くと、「今日は痛くないです!」
4日目にしてやっと教えたことを理解してくれました。

ロッドたてて自分のペースでポンピング。
堤防の角もうまくしのぎながら浮かせに入る





力強さはないが今までのファイトとは違って多少の余裕が見られました。
人生初のショアGTは20kg

ロッドは RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH  じゃねーーーか!

おめでとう!青っティ〜〜〜





いよいよチビタカ教官の登場です。
ベイトリールと青物用テストロッドタックで
異常な飛距離を稼ぎ出しヒットに持ち込みます。


体重の軽いチビタカは全体重をロッドにのせてきます。


このシングルフックごつすぎだろ!



実測35kg

これくらいは余裕なのでしょうか・・・・


その後下げ止まりからトビの活性が低くなりまったーりな時間が続いたため、
私とザキTはここで本日ゲーム終了し帰宅。

朝方、青っティーに話を聞くと、
2時過ぎから北防波堤前にトビが集まりだしたため3人で移動。
青っティが20kg前後サイズを2本も釣ったとのこと。

近くにいた強面の民宿「御岳」ご主人タイガー様が青っティーに、
「オイ、にいちゃん・・・・何本釣ったか?」
と聞くと、
「昨日は3本です!」
まるで、いつも釣ってるかのような言い方だったので、
思わず回し蹴りかましそうになりました。


この調子で今夜もかなり期待できそうです。

では、少し寝ます。



























青ッティー、早く釣ってくれんと睡眠不足で倒れそうです。

眠いっす〜〜
早朝のフェリー入港のために昨夜から一睡もできず疲労困憊っす。

さてさて、昨夜も9時前に堤防出勤いたしました。
すでに港内にちらほらとトビがいるようでしたがさほど数が入ってません。
前日同様、高い堤防先端付近にトビが集中するだろうと予想していたので、
先端まで急いで車を走らせました。

とりあえずサーチすると程度な数のトビが見えました。

今夜の堤防は今期初GTを狙うザキTとチームイノウエ商店からの刺客青野君、そして私の3人でゲームスタート。


南東の緩やかなフォロー気味の風だったので今夜はD7チャートをチョイス。
まずは先端より内側に向けてみんなで梅雨発射・・・なかなかトビまで届きませーーーん。


しばらくすると、
「キターぁぁぁぁ〜〜〜!」

少し離れたところで投げていたザキTにHIT。


それほど大きくはない様子で楽々寄せてきた。
スムーズに落としダモINしザキT今期初のチビGTゲットとなりました。

11時ごろになると先端内側遠くでざわざわと少量のトビが追われるかすかな音を確認。
ドリャーーーっとうまく風に乗せてフルキャスト。
最近のヒットパッターーンである着水、3秒スティのハンドル一巻のデッドフォールし始めた瞬間。

コツコツコツ・・・・・っと前アタリ!そしてそのまま放置。
ギューイーーーンとライン放出が始まった!

おおー! GTの特徴であるヘッドシェイクがやけに重たく力強く感じる。
これは間違いなく30オーバーだと確信した。

ファーストランを抑えてショートポンプに移行し寄せる。
途中2回ほど立てたロッドを倒されかけたが難なくしのいで堤防先端の角で浮かせに入った。
ここで落としダモをお願いし、内側へ魚を誘導しながらランディングポイントへ移動。
タモ入れに入ったがなかなかタイミングが合わず失敗。
もう一度魚を大きく円運動させ再度挑戦と網に頭が入りかけた瞬間!

「オーマーーーーイガーーーっ!」フックアウトして梅雨が反動で堤防上に打ち上げられて来た。

「えーーーーデカかったのにな〜〜〜〜」
「ザキT〜〜〜網上げるの早すぎだよ〜〜」
悔しさがこみあげてくるがこればっかは仕方ない。

気を取り直してゲーム再開。

12時を回ると先端斜め45度より正面へトビが集中し始めた。
目いっぱい投げて届くか届かないかの微妙な距離だったので、
風をうまく利用しながらキャストをした。
3投してアタリがないとき無駄に投げずに場を休ませるようにした。

10分ほどしての第1投目。
コツコツカツカツコツンコツンと何かが当たってくるが一向にラインを引き出してはくれない。
ゆっくりロッドを後ろに引っ張ってみると明らかにトビではない質量を感じた。
何だこいつは?
とうとう我慢できずロッドを後ろにじわーっと引っ張ったまま立ててみると
ティップがひょいっと曲がった。
そして次の瞬間、テンションが抜けてしまった。
急いでルアー回収するためハンドルを巻くとルアーがついてない。

ライン先端を確認してみると、PEダブルラインとリーダーの結束部分ちょい上あたりのPEがきれいに切れていた。

「ん〜〜なんだったんだろう」
おそらく反転したGTのゼイゴ付近で切れたんじゃないかと勝手に想像してみた。


しばらく休憩し先ほどヒットした先端方向へ再びキャスト。
着水フォール3秒1巻スティ・・・・・ガツーーーーーーん。

今度は前アタリからの直ヒットでラインが出されていった。
これもデカいぞ〜〜。
先端前方は水深もありあわてる必要がなかったので、ファーストランを止めてからはゆっくり寄せに入った。
ライトの光で魚体が確認できたその時!
またフックアウト〜〜〜。
今日は何て夜なんだ〜3連続不発・・・・あ〜〜〜まったくついてない。

2時を回ってもトビは一向に移動せず先端付近に固まって釣れる気配ムンムン。
なかなかヒットに持ち込めない青野君ともう少し粘ることにしました。

3時過ぎやっと青野君にもヒット!
初GTキャッチとなるところだったのですが、これまた最後の最後でこらえきれず、
ケイソンの角付近でラインブレイク。

あ〜〜「こんな夜にお前に会えないなんて♪」
悔しいなぁ〜〜〜〜〜





ザキTタックルデータ

ロッド 小物釣りの為にあるんじゃない! RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH

リール 4000番で十分だろ! ソルティガZ6000

ライン ちょっと給料がいいからと言ってセレブな バリバス SMP 8号 

リーダー 知らん

ルアー どおりでピンクが好きみたい・・・・梅雨ブギィD7ピンクバック



ところで本日入港のフェリーでチビタカと今シーズンのキャンプ場村長候補の林君が来島!!
青ッティーの教員係はチビタカ教官にバトンタッチ。

ぜんぜん人の言うこと聞いてない人にはもう教えません(プンプン)













台風通過もトビ散らず

あっという間に通過していった台風。

2時間ほどの強風と雨だけで昼間からは青空が見えてました。
うねりも台風らしい大きなものではなく、
トビも散らずにすみラッキーです。

さて、昨夜は10時に様子見の堤防出勤。
サーチライトでトビチェックしてみるとはやり時間がはやいせいかまったく飛ばず。
現在、ロングスティでGTを狙っている青野君と相談して上げ潮からの下げ狙いで、
夜中3時に再び集合することにして家に戻り少し仮眠することにしました。

2時半ごろスマホが鳴って飛び起きると民宿「やまき」のご主人から電話。
いったい何事だと電話をとると
「子牛がなかなか出てこないので引っ張ってくれ!」
「わかりました、すぐ向かいます!」

タックル満載アジ汁号を走らせ牛舎へ到着。、
ちょうどタイガー様と民宿のご主人とで子牛を引っ張り出しているところだった。
半分ほど出てきているのになかなか出てこないらしく、
私も手伝って引っ張り出した。

大きなメスの子牛だったがぐったりして元気がない。
急いでタオルで全身を拭き刺激をあたえながらマッサージしたが、
残念ながら息をしてはくれず死産になってしまいました。

時計を見るとちょうど3時。
急いで堤防へ直行した。
青野君とほぼ同時に到着し港内をサーチしてみると、
数は多くないもののトビがあちこちで飛ぶ。

ん〜〜〜チャンスはありそうだ。


一番トビの数が多かった場所を狙える高い堤防先端にスタンバイ。
キャストを始めるが、台風の影響か北西から西よりの冷たい向かい風が吹いており、
D7では思った飛距離がだせない。

しばらくトップ、中層、ボトム付近を攻めてみたがアタリがなかった。

ここは無理してぶっ飛ばしてでもヒットに持ち込むしかないとD13にチェンジ!
堤防先端より港内に向けキャスト中層付近を攻めるとカツンっとアタリがあったのだがヒットしなかった。

半ばあきらめ気分の4時すぎ、ルアーが届くか届かないかの距離でプチボイルが発生。
どりゃーーーーっとフルキャストしての着水一発バーーーーーーコーーーーーン!
薄暗い月明かりの中に水柱が炸裂しヒットぉぉぉ!

型が小さいのかぐいぐいと寄せて浮かせたところで落としダモin。


20kgはなさそうですが、数少ないワンチャンスをモノにできました。
飛距離・・・やはり大事ですね。


ロッド   RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH

リール  ソルチガZ6000

ライン  フルドラグ 8号 200m

リーダー バリバス220lb

ルアー 梅雨ブギィD13 トビウオ(ホワイト仕様)



台風一過のべた凪ですね〜〜お刺身釣りにカヤックだそうかなっと。




calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:243 最後に更新した日:2016/11/24

search this site.

others

mobile

qrcode