home goods add reg Island gall link blog

少し遅いシーズン開幕です

ゴールデンウィーク過ぎから元浦港で徐々に接岸し増え始めていたトビウオですが、
昨夜は21時ごろより港内奥まで入り、釣れる気配ムンムンとなりました。

大潮満月に近い月明りもたまに現れる雲のおかげで暗くなったり明るくなったりトビ捕食のスイッチが入りやすい状況に。


今夜は何かが起こりそうな・・・・・


20時頃になると今まで全くなかったトビが追われる一瞬のボイルも見られ、
堤防に集結したいつものメンバーはやる気マンマンでテンションアップです。


さっそく私とチェ☆閣下は港内奥の通称お立ち台にてGTを狙うことにしました。
5分おきぐらいに何かに追われて水面に飛び出すトビの行動が見られたため、
まずはポッパーで攻めますがアタリもGTの気配はまったくなし。
梅雨ブギィで根がかり覚悟のボトム付近を狙うも何も起こりませんでした。

干潮に向けてトビも徐々に増えていきましたが、
GTの捕食音などもなく半ばあきらめていたところ、
堤防先端で港内の入り口付近を探っていたごうちゃんに念願のヒット!!

サポートのために駆けつけるとすでにGTは水面に浮かんでいたので
ちゃっちゃと落としダモを出動させ魚をナイスイーーーン♪





2017諏訪之瀬島堤防GTゲームの開幕はごうちゃんのこの一本でやっとスタートを切ることが出来ました。
2,3月の気温が低くタケノコ収穫も約2週間遅れたこともあって少し遅いだろうと予想はしてましたが、
11日になるとは思わなかったですね〜〜〜。

いや〜〜〜それにしてもウレシイ1本でした。

その後、私と雄輔君とで堤防先端にてGTを狙いましたが反応はなし。
そこでちょこっとサーチしてみたところにガメらしきヤツがトビを追っかけて水面直下を泳いでいたのが見えたので、
ポッパーを装着していた雄輔君に「早く投げてみて!」というと、

着水イッパーーツ、ガメヒット!
僕らのGT定番ポッパー、ヤンバルビギンでキャッチ。




ちょーーどオイシイサイズでした。

そしてその直後、先端の一番高いところから前方に投げていたあのアオッティーにHIT!
急いではしごを上りサポートに向かうとまだドラグは出ている状態でかなりな大物の予感。
前回、慌てて魚をよせすぎてケイソン角でメインを切るという失敗をしているだけに、
今回は安定のファイトを見せてくれました。
徐々に魚が堤防に近づきGT特有の張り付きに移るのか思われた瞬間、
ヤツがプカ=======っと浮いてきました。
70kgぐらいは軽くありそうなメーーサー登場。
まだ開幕して間もないというのにさっそくサメの襲撃を喰らってしまったアオッティーでしたが、
冷静な判断で低い堤防までやつを誘導し、ヤツの胴体にロープを掛けることにうまく成功。

せーーーので引き上げるとバッタバッタと大暴れなサメが上がってきました。




今シーズン初の大物にビビりすぎて要望したロデオマシーン撮影をいやがり、
かなり離れて添い寝するの図。



せっかくの「必勝」ハチマキをするも僕らの期待通りの事件を起こし玉砕するアオッティー!!!
40kgオーバーを釣るまでこのスタイルで釣るらしいです。

「一生、付けとけYO」




トビもボチボチな感じです

ゴールデンウイークよりトビチェック開始しましたが、
元浦港内にボチボチ入るもののまだまだ本格的には入ってこず、
GTの気配はまったくないといった状況です。


さてニュース等などでご存知の方も多いかと思いますが、
2月11日朝方にタンカー座礁事故が元浦港横の浅瀬で起きてしまいました。
タンカーを沖へ引き出すこともできず事故当時のままとなってますが、
現在のところトビウオ接岸には影響なさそうな感じです。

少し事故の詳細など書いておきます。


座礁したタンカー

船籍 パナマ 
5404トン 
船主 台湾

乗組員 18名

台湾を出港し韓国向け航行中に機関故障にて航行不能(座礁事故5日ほど前から)
事故当日の朝6時半ごろになって遭難信号を出しその後、諏訪之瀬島元浦港より南側100m付近
通称三番瀬に座礁しました。

消防団員である私に連絡が入ったのが8時。
現場に急行してみると大きなタンカーが座礁している様子を見て唖然としました。
崖の上からタンカーを見下ろすと後方より重油らしいものが流失しているのがすでに確認できます。



海上状況は大シケ強風でうねりも大きく小型の台風でも来たかのようで、
大きな波がタンカーにあたるたびにブリッジより高く波しぶきが上がります。

しばらくすると海保より乗組員18名がまだ船内に残っておりヘリでの救助を行いたいと連絡が入りました。

10時ごろになってやっと海保のヘリーが上空へ到着。
ヘリよりタンカー乗組員を吊り上げ、3名から4名救助したところで、
一旦、諏訪之瀬島ヘリーポートへおろししばらく島内で保護してほしいとの要請があり、
公民館に収容することを決めて島民の協力をお願いしました。


ヘリはブリッジの上でホバリングしたまま停止していましたがなかなか動きがありません。
15分もたったころやっとロープがおりてきてレスキューの方が一人ブリッジへと降りていきました。

ホバリング中のヘリに時折、強風と大きな波しぶきが襲い見守るほうもヒヤヒヤです。
そういう状況ですのでなかなか救出作業も進まず最初の乗組員が救助されるまでに30分ぐらいはかかったかと思います。

3人救助された時点で諏訪之瀬島飛行場にあるヘリポートに向かい乗組員を迎えに行き、
公民館に行っていただきました。

その後全員の救出が完了しその日の夕方には巡視船にて鹿児島へ移送となりました。

事故後2か月ほどタンカーの引き出し作業が試みられたのですが、
すべて失敗に終わり現場に放置されたままとなっております。

これから台風の時期も来ることから何らかの解決を早急にして頂きたいものですね。




さて、子供の日ぐらいから少しづつ元浦港内にトビの姿が見られるようになりましたが、
GTの捕食にスイッチが入る量ではありません。


今夜のメンバーはザキT、アオッティー、沖縄からイケメン軍曹、そしてチェ☆閣下の4名です。
昨夜も定時の21時にチェックしてみると
堤防先端より港内にむけてポツポツとトビが泳いでいる姿が確認できました。

昨夜は雲も殆どなく大きな月が真上から煌々と海面を照らし、
トビもサーチライトにも反応してくれません。

そこで一旦解散して月が沈む3時以降にまた集合することにしました。


3時半過ぎに堤防へ到着すると、すでにアオッティーとイケメン軍曹は堤防の先端の一番高いところにいました。
するとアオッティーが「今、GTらしいのにやられました!」と・・・・
「何?ヒットしたの?」

慌てて高い堤防まで上って話を聞くと、
ポッパーに突然GTが出て横に走られ、
ケイソンのちょっとした角にメインラインがあたりブレイクしたらしい。

「何やってんの〜〜〜もったいね〜〜〜〜!」
「まぁ〜〜突然だったから仕方ないか・・・」

アオッティーも少し焦ったんでしょうかね〜〜〜

いよいよ月も沈みあたりがぐっと暗くなってトビが入るかなと思われたのですが、
残念ながらまったく飛ばず、私はあきらめて帰ることにしました。


そして朝6時半ごろアオッティーから
「軍曹さんが10キロぐらいのキハダ釣れました!」
と、モーニングコールが入りました。

急いで魚をさばいているという港内奥のスロープに行って話を聞いてみると、
アオッティーが投げたポッパーにカツオがついてきたとき、
すぐその横で軍曹が16cmぐらいのミノーを叩き込んだらカツオじゃなくてキハダが喰ってきたとのことでした。
一瞬のチャンスをものにした軍曹。

それに対して、せっかくのチャンスを無駄にしたアオッティ!!



今夜も楽しみになってきました。














島内釣り大会!! やっと開催できました

悪天候や学校や島の行事等によって延期され続けた島内釣り大会でしたが、
先日やっと開催することができました。

結果はというと・・・・

開始2時間ほどで豪雨に見舞われ、沖の潮もまったく動かずと悪条件の中の大会でしたが、
子供から大人まで楽しめ、また事故やケガもなく楽しい大会となりました。


さっそくチーム南風丸は沖へ

ケガから復活のすみ子さんとGTアングラーちほちゃんと雄輔の4人で船釣り部門エントリーーーーです






浅場中心の釣りで島を1周しましたが、大物のアタリはなく、
釣り復活のすみ子さんだけがエサを落とすと何かとすぐ食いついてきて、
ポツポツと釣ってました。

一度須崎沖120mでジギングもやったのですがデカンパチは食いついてくれず・・・
ムロ泳がせでもまったくダメ〜〜〜〜


赤いのやらカイワリやらで終了でした。



堤防では子供たちがサビキやエサをたらしての五目釣りをやりました







途中からの豪雨で短い釣り時間となりましたがそれなりに楽しめたようです

そして打ち上げでの表彰式

子供の部







優勝は女の子でした

磯釣りの部







2年連続入賞したタカさん!
前回、島民のみんなからブーイングされたヒツオ(イスズミ)での優勝だったのに、
今回、反省の色もなくま〜〜〜〜たイスズミ狙いで入賞です。

そして船釣りの部







ちほちゃんすみ子さん入賞です!


そして総合優勝のドンペリニヨンを獲得したのは
すみ子さんでした



カイワリで優勝・・・・・です!
これで釣りのリハビリはOKですね〜〜〜〜


今大会の釣果はパッとしませんでしたが、打ち上げまで大いに盛り上がる大会ができました。

また賞品を購入する予算も少なかったことから釣り関係の知り合いの方々にお声をお掛けして
ご協力をお願いしたところたくさんの協賛の品をいただきました。

天草のヘイブラザー エウラー船長様

熊本の吉田戦車様  

熊本の 炎のベイトキャスター 谷口ペリ・ニヨン礁様

福岡 イケメンなマツシゲ様

北九州 チビタカの友人の古城様

東京 今シーズン初来島でGTを釣り上げた中島様

千葉 私の昔からの友人、諏訪之瀬に無理やり連れてきたこがある ヤギヌマ君

鹿児島 けん坊丸船長 田代様

鹿児島 UZUスポーツフィッシンングラボ 代表 新名様  SUPサメ釣り名人   

順不同


この度はたくさんの協賛品を頂き島民のみなさんに代わりまして厚く御礼申し上げます。
トビウオの季節になったらまたお会いしましょう!
心よりお待ちしております。


はぁ〜〜〜いよいよ本格的に冬到来で釣りはなかなかできなそうです。
釣り大会も不発の核弾頭X-GUMなので何か釣りたくてモンモンさんしておりますが、


また来シーズン!!!


魚   釣りてぇーーーーーー
















calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:266 最後に更新した日:2017/06/27

search this site.

others

mobile

qrcode