home goods add reg Island gall link blog

めでたく切石港が復活!!!

前線の影響でのシケ&濁りでトビが離れておりましたが、
昨夜の切石港にはたくさんのトビが戻ってきました。


しかしながら、潮の流れと風の影響で大量のごみが流入し、
GTは港内まで入れず、堤防先端付近だけの勝負だったようです!


天気も良かったため半月に近い明るい月が西の山に沈んだと同時に急に高活性となりました。
予想どおりですね〜〜〜。




まずはキャンプ場常連のスマイリー中野君にヒット!



もうベテランですね〜〜実測30kg

しばらくしてホンコンさんにガメの攻撃が!



そしてもう余裕の余裕の林君がキャッチ!


彼は鯵汁が付くのをいやがって抱っこしません・・・・画的に困ります。


低活性ながらトビは先端付近に居続けて、
スマイリー中野君、林君と1本づつ追加でキャッチされたようです。


本日のフェリーでは我がブラザーのエウラー船長が上陸。
GTのブラザー持ちできたらいいですね==




サメ型ロデオマシーン登場!!!!


いや〜〜今回の台風7号の影響は大きく長く続きました。
前日まで大きなウネリと濁りでまったくトビは接岸せず、
キャンプ場スティチームはモヤモヤした日々を過ごしたようです。

昨夜はやっと台風のうねりも消え、午後には港内の濁りも消えてあとはトビの接岸を祈るだけでした。

9時を回ったころから港内中央に張られたトビ網の両脇でGTのボイルが始まったので、
得意のトビ網横戦法でヒットを狙います。

高い堤防よりトビ網のアンカーロープのブイ横を狙って斜めにキャスト!
30分ほど投げた時に突然ゴーーーーンとフォール中の梅雨をひったくっていきました。

まずはここで勝負せず、堤防先端に向かって横移動、途中1mの段差を乗り越えて、
トビ網からある程度離れた状態で戦闘開始!

ドラグの出かたからこいつはデカいと確信!
3度のランをしのいでリフト作業に移るがなかなか浮いてこない。
右手の握力もだんだんなくなって手が滑りそうだったので、久しぶりにファイト中に休憩をとった。

最後の岸壁張り付きをしのいで浮かせると丸い光る物体が浮上してきた!
間違いないGのTだ!

みんながデカいと騒いでる。

よっしゃ〜〜〜あと1m!とサポートの声が聞こえた瞬間・・・・まさかのフックアウト!

こいつはデカかっただけに悔しい。
スレ掛かりでもなくちゃんと口にルアーくわえてのこのファイトは・・・40?50?
悔やんでも仕方ない・・・・仕切り直しとなった。

このころか港内の活性もUP・・
横で投げていた本日来島のホーリー漁労長に小物がヒット!
ルアーはみなさんおなじみポッパーのビギン。
魚は良型のカスミちゃんでした。

トビはいるものの、なかなかヒットにみなさん持ち込めません。

人も多いのでチビタカと私は北埠頭に移動。

しばらくして対岸の堤防先端で大きな声が聞こえてヘッドライトが一斉に点灯した。
「あ〜〜誰かヒットしたな!」

「あの声からして、内田君かな〜〜だったらいいけどね〜〜」

チビタカと明かりの動向を見守りながらランディングを待った。
暗〜〜い堤防に落としダモが降りていくのが見えた。

「捕ったね!」
先端にいるザキTに電話をして、だれが釣ったか確かめるとはやり内田君だった!
「よかったっすね〜〜〜」チビタカもほっとしたようだった。

そのころから、北防付近がトビでざわついてきた。
チャンス到来!
GTのボイルを待つと・・・・・バシャバシャとトビが逃げ回る音が近づいてきた。

「オッシャーーーー!」

へたくそなベイトがバックらしないように慎重にキャスト。
自分なりにはそこそこ飛んだ気がした。
10秒カウントダウンカーブフォールしてーの一巻・・・ステイ。
2巻目・・・・・3巻目・・・アタリがない。

回収して早く投げようと高速で巻き取り足元でピックアップする瞬間!
ドッパーーーーン!と吸い込みやがった。
シュルシュルとSSが出て行ったのでドラグを絞めこむとすぐ止まった!
ここからはゆっくりとSS回収作業。

チビタカと遊びに来ていたザキTにランディングをお願いした。


実測の28kg 

北埠頭じゃこれくらいのサイズが私の限界かもしれませんね〜〜。


ロッド チビタカに105BXH を貸していたのでテストロッドでした

リール USソルチガLD35HS

ライン 昨年やくみつる似の吉田さんに頂いたバリバスSMP 8号

    SSアシスト30号を25m

リーダー バリバス 220ld

ルアー 梅雨ブギィ D7 ピンクバック


満潮すぎになると北埠頭前も活性がなくなり対岸の堤防に移動することにした。
こちらの状況を聞いてみるとデカいのにやられたりポロリしたりとアタリはあるもののなかなかキャッチまでいってない様子。


しばらくして先端角で投げていたウエマー師匠のリールのドラグ音が鳴り響いた!


ロッドを立ててランを止めるウエマー師匠


いたずらっ子ホーリー!

先端を右に左にと振られて移動しながら浮かせに入ると、
長い・・・・目が光った!

奴だ!メーサー確定・・・・・・

落としダモに入れるわけにもいかず、堤防付け根まで引っ張ってギャフで引き上げることにしました。




釣り上げたメーサーの上にまたがりロデオ運動を始めるウエマー師匠!
このサイズぐらいは余裕なようです。


続いて弟子の内田君にもメーサーヒット!

同じく堤防付け根までひっぱってギャフを打つ。

めでたく師弟メーサーが並ぶことになりました。



4時を回ってトビの活性が急激に低下していったのでこれでゲーム終了!


今夜もなかなか熱い夜になりそうです。

パラダイスの口火を切ったのはやはり青っティー!!!!!

眠いです。

一眠りする前に頑張って更新しないとみなさんに怒られそうですが、
長々と書ける気力が残ってませんので手短にやります。

昨夜の切石港はまさにGTパラダイスナイトとなりました。
島の会合の為に少々遅れて1夜11時前に堤防到着。

多くのアングラーの方が高い堤防より港内に向けてキャストしておりました。
聞くとすでに何本かGTが上がったとのこと、

1本は長期ステイラストナイトとなる青っティーが36kg?(実測)
あと他に1本。

北防波堤デンジャラスポイントではチビタカがすでに1本キャッチしたらしい。

港内にはあちらこちら今までにない数のトビがわんさかとおり、
今夜のパラダイスを予感できました。

結局、キャッチ(小物含む)10本以上、ポロリも10本以上・・・・あと少しでのフックアウトも数本。
時合いは潮どまりの1時間ほどを覗いて朝の3時半ごろまで続きました。

たくさん画像撮りましたのでざっと紹介です。

みなさんに遠慮して堤防外側でキャスト練習をしてたチーム浜原のちほちゃんにヒット!



堤防ゲーム初はチビギンガメとなりました。


しばらくしてチーム宮崎の野辺さんが先端デンジャーラス45度でヒット!
手慣れたファイトで豪快に寄せまくりゲームセット。
ストライクプロでぶちかましてくれました。


このヒットの後ぐらいから一気に活性があがりコンスタントにアタリがあったりポロリがあったりと続きます。







私もちょこっとみなさんの隙間でキャストさせていただきました。



ロッドは Test RunnerExceed 100SXH  nano

実測の25kg

続いては林君にヒット!

すばらしいファイトでなんなくキャッチ
重量をはかって早めにリリースです。


まだまだ続きます



人生初のGTおめでとうございます。

さぁ〜〜待ってました!スマイリー中野さんの登場です。



さすが余裕さえ感じさせるファイトで30kg!

続いては昨年50kgゲットで諏訪之瀬デビューを果たした竹内君に待望のヒット





その後も4時ごろまで高活性が続きました。

チビタカ1本追加で合計2本。
一緒に北防波堤にいっていた吉田さんが1本キャッチ2ポロリ。

今日の切石港は台風のうねりが入りだいぶ濁ってましたが、
さてどうなるでしょう!








calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:243 最後に更新した日:2016/11/24

search this site.

others

mobile

qrcode