home goods add reg Island gall link blog

青ッティー、早く釣ってくれんと睡眠不足で倒れそうです。

眠いっす〜〜
早朝のフェリー入港のために昨夜から一睡もできず疲労困憊っす。

さてさて、昨夜も9時前に堤防出勤いたしました。
すでに港内にちらほらとトビがいるようでしたがさほど数が入ってません。
前日同様、高い堤防先端付近にトビが集中するだろうと予想していたので、
先端まで急いで車を走らせました。

とりあえずサーチすると程度な数のトビが見えました。

今夜の堤防は今期初GTを狙うザキTとチームイノウエ商店からの刺客青野君、そして私の3人でゲームスタート。


南東の緩やかなフォロー気味の風だったので今夜はD7チャートをチョイス。
まずは先端より内側に向けてみんなで梅雨発射・・・なかなかトビまで届きませーーーん。


しばらくすると、
「キターぁぁぁぁ〜〜〜!」

少し離れたところで投げていたザキTにHIT。


それほど大きくはない様子で楽々寄せてきた。
スムーズに落としダモINしザキT今期初のチビGTゲットとなりました。

11時ごろになると先端内側遠くでざわざわと少量のトビが追われるかすかな音を確認。
ドリャーーーっとうまく風に乗せてフルキャスト。
最近のヒットパッターーンである着水、3秒スティのハンドル一巻のデッドフォールし始めた瞬間。

コツコツコツ・・・・・っと前アタリ!そしてそのまま放置。
ギューイーーーンとライン放出が始まった!

おおー! GTの特徴であるヘッドシェイクがやけに重たく力強く感じる。
これは間違いなく30オーバーだと確信した。

ファーストランを抑えてショートポンプに移行し寄せる。
途中2回ほど立てたロッドを倒されかけたが難なくしのいで堤防先端の角で浮かせに入った。
ここで落としダモをお願いし、内側へ魚を誘導しながらランディングポイントへ移動。
タモ入れに入ったがなかなかタイミングが合わず失敗。
もう一度魚を大きく円運動させ再度挑戦と網に頭が入りかけた瞬間!

「オーマーーーーイガーーーっ!」フックアウトして梅雨が反動で堤防上に打ち上げられて来た。

「えーーーーデカかったのにな〜〜〜〜」
「ザキT〜〜〜網上げるの早すぎだよ〜〜」
悔しさがこみあげてくるがこればっかは仕方ない。

気を取り直してゲーム再開。

12時を回ると先端斜め45度より正面へトビが集中し始めた。
目いっぱい投げて届くか届かないかの微妙な距離だったので、
風をうまく利用しながらキャストをした。
3投してアタリがないとき無駄に投げずに場を休ませるようにした。

10分ほどしての第1投目。
コツコツカツカツコツンコツンと何かが当たってくるが一向にラインを引き出してはくれない。
ゆっくりロッドを後ろに引っ張ってみると明らかにトビではない質量を感じた。
何だこいつは?
とうとう我慢できずロッドを後ろにじわーっと引っ張ったまま立ててみると
ティップがひょいっと曲がった。
そして次の瞬間、テンションが抜けてしまった。
急いでルアー回収するためハンドルを巻くとルアーがついてない。

ライン先端を確認してみると、PEダブルラインとリーダーの結束部分ちょい上あたりのPEがきれいに切れていた。

「ん〜〜なんだったんだろう」
おそらく反転したGTのゼイゴ付近で切れたんじゃないかと勝手に想像してみた。


しばらく休憩し先ほどヒットした先端方向へ再びキャスト。
着水フォール3秒1巻スティ・・・・・ガツーーーーーーん。

今度は前アタリからの直ヒットでラインが出されていった。
これもデカいぞ〜〜。
先端前方は水深もありあわてる必要がなかったので、ファーストランを止めてからはゆっくり寄せに入った。
ライトの光で魚体が確認できたその時!
またフックアウト〜〜〜。
今日は何て夜なんだ〜3連続不発・・・・あ〜〜〜まったくついてない。

2時を回ってもトビは一向に移動せず先端付近に固まって釣れる気配ムンムン。
なかなかヒットに持ち込めない青野君ともう少し粘ることにしました。

3時過ぎやっと青野君にもヒット!
初GTキャッチとなるところだったのですが、これまた最後の最後でこらえきれず、
ケイソンの角付近でラインブレイク。

あ〜〜「こんな夜にお前に会えないなんて♪」
悔しいなぁ〜〜〜〜〜





ザキTタックルデータ

ロッド 小物釣りの為にあるんじゃない! RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH

リール 4000番で十分だろ! ソルティガZ6000

ライン ちょっと給料がいいからと言ってセレブな バリバス SMP 8号 

リーダー 知らん

ルアー どおりでピンクが好きみたい・・・・梅雨ブギィD7ピンクバック



ところで本日入港のフェリーでチビタカと今シーズンのキャンプ場村長候補の林君が来島!!
青ッティーの教員係はチビタカ教官にバトンタッチ。

ぜんぜん人の言うこと聞いてない人にはもう教えません(プンプン)













台風通過もトビ散らず

あっという間に通過していった台風。

2時間ほどの強風と雨だけで昼間からは青空が見えてました。
うねりも台風らしい大きなものではなく、
トビも散らずにすみラッキーです。

さて、昨夜は10時に様子見の堤防出勤。
サーチライトでトビチェックしてみるとはやり時間がはやいせいかまったく飛ばず。
現在、ロングスティでGTを狙っている青野君と相談して上げ潮からの下げ狙いで、
夜中3時に再び集合することにして家に戻り少し仮眠することにしました。

2時半ごろスマホが鳴って飛び起きると民宿「やまき」のご主人から電話。
いったい何事だと電話をとると
「子牛がなかなか出てこないので引っ張ってくれ!」
「わかりました、すぐ向かいます!」

タックル満載アジ汁号を走らせ牛舎へ到着。、
ちょうどタイガー様と民宿のご主人とで子牛を引っ張り出しているところだった。
半分ほど出てきているのになかなか出てこないらしく、
私も手伝って引っ張り出した。

大きなメスの子牛だったがぐったりして元気がない。
急いでタオルで全身を拭き刺激をあたえながらマッサージしたが、
残念ながら息をしてはくれず死産になってしまいました。

時計を見るとちょうど3時。
急いで堤防へ直行した。
青野君とほぼ同時に到着し港内をサーチしてみると、
数は多くないもののトビがあちこちで飛ぶ。

ん〜〜〜チャンスはありそうだ。


一番トビの数が多かった場所を狙える高い堤防先端にスタンバイ。
キャストを始めるが、台風の影響か北西から西よりの冷たい向かい風が吹いており、
D7では思った飛距離がだせない。

しばらくトップ、中層、ボトム付近を攻めてみたがアタリがなかった。

ここは無理してぶっ飛ばしてでもヒットに持ち込むしかないとD13にチェンジ!
堤防先端より港内に向けキャスト中層付近を攻めるとカツンっとアタリがあったのだがヒットしなかった。

半ばあきらめ気分の4時すぎ、ルアーが届くか届かないかの距離でプチボイルが発生。
どりゃーーーーっとフルキャストしての着水一発バーーーーーーコーーーーーン!
薄暗い月明かりの中に水柱が炸裂しヒットぉぉぉ!

型が小さいのかぐいぐいと寄せて浮かせたところで落としダモin。


20kgはなさそうですが、数少ないワンチャンスをモノにできました。
飛距離・・・やはり大事ですね。


ロッド   RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH

リール  ソルチガZ6000

ライン  フルドラグ 8号 200m

リーダー バリバス220lb

ルアー 梅雨ブギィD13 トビウオ(ホワイト仕様)



台風一過のべた凪ですね〜〜お刺身釣りにカヤックだそうかなっと。



色違いのロフティもアジ汁を2度あびる

あ〜〜ダルダルダルビッシュな体調ですが、
頑張って更新です。

昨夜の切石港は上げ潮に乗って順調にトビウオが接岸。
雲が多い天候だったので早い時間から闇夜のような暗さになりました。

早目の堤防出勤を考えていたのですが、
たまたま夜8時ごろから牛の出産が始まってしまい、
牛小屋で出産を見守ることに。
おしりから子牛の足先が見えてから40分以上たってもなかなかそれ以上出てこない。

仕方ない引っ張るか!
足にロープーをかけて、母牛のりきみにあわせて一気にひっっぱると簡単に出てきてくれた!


そーっとおちんちん付近を探ると、チンコあったー!
オス牛確定!!(オスの子牛はセリで高値で売れるのです)
たまたま、ラッキーでした。

その後しばらく牛親子の様子を見て子牛が自分で立てるようになったのを確認してから急いで堤防に向かいました。

港に行く途中でトビウオ加工業組合婦人部のスミコさんとちほちゃんの車に遭遇。
すでにトビすくいを終えて帰るところで、聞けば港内真ん中でGTのボイルもあったとのこと。

よっしゃーと急いで港に車を走らせました。

先にスタンバってたザキTに状況を聞くと、
トビはいるもののあまり活性はないような感じでした。

車のライトでさっとトビチェックしてみると、
港内真ん中より堤防先端付近にトビの集団を発見。

この日は東のチョイ強めな風だったので、
飛距離十分な高い堤防から港内を狙うことに決めました。

時間がたつにつれて昨夜のような光景になるのかと期待していたのですが、
トビはいるものの活性がまったくありません。
単体のトビの逃げる音さえしません。

そして潮どまりの時間帯に入りシーーーーーン。
ここはマターリと下げ潮が始まるのを待つことにしました。

12時半を回ったころ、大きくはありませんがGTの捕食音がポツポツと聞こえ始め、
少量もトビの逃げるようになったため、
戦闘モードスイッチオン!
ルアーを叩き込むのに最適な場所を考えました。
ここは東から吹くフォローの風にうまく乗せて、
高い堤防先端より洞窟に向かって1mでも遠くルアーを送り込む!
チャンスがあるとすればこれしかないな・・・それもTOPだ!

そして作戦実行・・・堤防先端に立ち風が少しでも強い瞬間に
いつもより高いリリースポイントで梅雨D7を発射!!!

今日一番じゃないか?ぐらい遠くにブギィが飛んで着水ステイ3秒。
そしてハンドルをゆっくり一巻。
コツっと口ではじかれたようなアタリがあったがまったくフッキングしない。
着水点をちょっとずらしてまた投げて巻くとコツっと先ほどと同じようなアタリがある。
5投ほどして一旦この場所を離れ場荒れしないように堤防中央付近で時間つぶしてから
先ほどアタリがあった場所戻りフルキャスト!

着水・・・3秒・・・・1巻・・・ラインテンションが抜けないようにスローにハンドルを回しながらアタリを待つとガツンっと強いアタリがあった。
そしてやつが反転してラインがジーっと鳴るのを待ってからロッドを立ててファイト開始。

昨夜のキツキツドラグのままなのでまったくラインも出ないでぐいぐいと巻いて巻いて〜〜〜。
足元で少し暴れましたが水面に浮かせてザキTに落としダモをお願いし無事ランディング。


微妙なところにD7チャートシングルフック仕様がフッキング!

小さいので計測はしませんでしたが20kgちょいでしょうか。

小型のGTでしたが、なかなかヒットに持ち込めなかったので、うれしい1本でしたね。

さて、今夜のヒットパターンわかったところで、
堤防先端で4投、中央で4投を繰り返し繰り返し・・・
たまにコツッとしたから突っつかれるようなアタリがまた2回。
今夜はなかなかフッキングまで持ち込めません。

1時半を回ったところでまた先端とリーフの間付近で少しトビがざわざわ。
時間も時間だし最後のチャンスと痛い肩に鞭打ってフルキャスト!
着水・・・・3秒・・・・一巻・・・・ステイ   
ガツン!!と当たって来た。

奴が反転しラインがしっかり引っ張られていくまで待ってのファイト!
先ほどより楽にぐいぐい寄ってきた。

(なかなかフッキングしなかったのでトリプルに戻してみました)

キャッチしたのは20kgもないGTでしたが、
激シブでの2キャッチは素直にうれしかったです!

今夜の天気はちょっと荒れ模様ですが、
風邪ひかない程度にキバリモス!









ロフティが今季初となるアジ汁を吸収

大変長らくお待たせをいたしましたが、
やっと1本取れました。
これでやっとシーズン開幕でしょうか!


で、昨夜も夜8時半に堤防出勤。
すでに諏訪之瀬トビウオ加工業組合婦人部の2人(チーム浜原)がトビすくい漁のために、
スタンバっていらっしゃいました。
聞くとトビはちらほらと入っているとのこと。

まー時間が時間なのであわてずゆっくりと時が来るのを待ちました。
時間と共にフェリーとしま接岸岸壁付近に寄ってくるトビの数が増えてきて、
今夜のゲームも楽しMAX感バッチリな予感です。

10時過ぎたころから堤防先端と北坊の間でトビがGTに追われ出したためそちらへ移動。
真横から吹いてくる北の風はラインに多少なりとも影響がありそうなので、
ここはD7トビウオをチョイスしました。

先端より港内北坊方向へ横風をうまく利用してフルキャスト。
いつもの20秒カウントダウンしてGTの甘噛みハニカミを待った。
単体ではあるがトビがGTに追われて逃げているので釣れる気配は十分でしたが、
5投ほどしてもアタリはまったく無し。

ここでトップ攻撃に変更。
ルアーはD7トビウオのままキャスト!あわてず3秒だけフォールの後、1回転ゆっくりハンドルを回して放置。

コツン!といつものGTらしいアタリの後、ギュイーーーーーン♪スプールが高回転を始めました。
「今夜はやっぱりトップだ!」

ここまで2回連続ブレイク中だったので、ハンドドラグもゆるめにファーストランに対応。
まったく回転スピードが落ちない・・・!
ここで「ヤヴァイ〜〜〜〜っ」ってことに気づくが、時すでに遅し・・・

何も前触れもなくプツンとラインが切れた。

回収してみるとリーダのちょい上ダブルライン部分で切れていた。
「あ〜〜あと少し踏ん張れたら・・・」
走りから見ても30kg以上が確定だっただけにショックがかなりショック。
毎年のことながらシーズンスタートはいつもうまくいかない。

言い訳しますと、今年はタケノコ収穫でかなり肩肘の関節を痛めてしまい、
無理がきかない状態です。
もちろん年齢の問題もあるかと思いますけどねーーーー

さてさて、気を取り直してゲーム再開。

しばらくもしないうちに一緒に釣りしているザキTにヒット!!

こちらもデュイーーーンっとスプールが高速高回転!
それにしてもあまりにも回転が速すぎる。
みるみるまにラインが半分以下に・・・・・・

「ザキT!!ドラグ絞めて!!!ラインもうないよ!」
ザキTがあわてて2回転ほどドラグを絞めたがライン放出速度は高速のまま変化なし。

あ〜〜〜〜〜っ、底が見えた瞬間。
「パチーーーーーーーン」
全ラインが持って行かれた!

「ザキT!!ドラグどうなってんの?」
と、言いながらチェックしてみると、
私のドラグ値よりもほんの少しカルカッタ。
ってことは最初のドラグはゆるゆるじゃねーーーか!
「そんなんで止まるわけねーーーーーーだろ!」
聞けば、先日の元浦堤防外ちびGTを釣った時のままのドラグ値だったそうで、
ザキTは後悔と懺悔の念を真っ暗な堤防で何度も叫んでました。
まぁ〜俺たち、どっちもどっちでダメダメコンビっすね。

しばらくするとトビウオ加工婦人部のお二人が様子うかがいと差し入れの缶コーヒーを持っていらっしゃいました。
気を取り直してゲーム再開。

まだまだルアーの届く範囲で十分に釣れる気配ムンムン。
すると「ザワザワーーーバーン」
GT捕食スーッパーターイムが目の前で発生。

フルキャストでD7をしぶきの中に叩き込む。
ハンドルをスローで巻いてラインテンション張った瞬間。

「ドタバーーーーーーーン!」
「トップでGTノッターっ」

今度はドラグギチギチ、反転前にハンドドラグでガチ止めしてやった!
ジッジッっとスプールが鳴ったが回転はしていかない。
魚が呼吸できずにジッタンバッタンっとしているのがラインを伝わってくる。

はっははーーーライン出してなるものかぁ====
トップでヒットするとこれができるからオモシロイ。
暴れるのがおさまったのでライン回収作業に移るが筋力低下でいつものようにはいかなかった。
ここは大事に着実に寄せることを考えて、
ショートポンプのスピードも抑え気味に無理しない。

足元下残り30mで安全策を取って堤防角に横移動し落としダモの準備をお願いした。
左右に2度ほど魚が動いたところで銀色の魚体が浮いてきた。

慎重に落としダモイン。
ギャラリーーみなさんで落としダモ回収作業していただきました。



は〜〜安定の丸飲みブギィ〜〜〜〜。
フックはシングルなのですぐ外せた。

今年初の堤防GTを抱っこして写真撮影!
そのまま体重計に乗って計測。
実測31kg


初ものとしては十分な大きさでした。

その後、トビは港内にどんどん入ってきましたが、
それと同時に月も出てきてしまいなかなかルアーに反応がありませんでした。

トビが港内に入りきったところでフェリー接岸岸壁に移動。
ここでNEW梅雨ブギィ・フローティングタケノコのルアーチェンジ。

逃げ惑うトビに目がけルアーを叩き込む作戦に出たが、ヒットまで持ち込めない。
あまりにも食わないので、いつものキャスト放置プレイにしてみた。

ザキTと冗談話して喰うまで待っていたら、「バシャーーーーーっ!」
放置でタケノコカラー食ってきた!

先ほどと同じドラグテンション&ハンドスプールガチ止めしてやると、
バッタバッタと海面でGTが暴れてる。

完璧に止めて寄せに入る。
堤防付け根の浅いところに行くのをうまくしのいで、
ライトで魚体が確認できたそのあと、あと残り5mのところの足元で痛恨のフックアウト!!

1本キャッチ筋肉パンパン状態での完璧なゲーム運びができていただけに、
これはかなり悔しかった。

その後は月上る角度と逆に活性が低下してきたので、
2時でゲーム終了!



ロッド リップル RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH

リール 買い替え時なソルチガZ 6000

ライン ウルトラキャストマン フルドラグ 8号

リーダー バリバス 220lb

ルアー 梅雨ブギィD7 シングルフック2本仕様

サポート 諏訪之瀬島トビウオ加工出荷組合婦人部のお二人
     落としダモのロープを提供していただいた島一の漁師園山さん

さて、今シーズンもたくさんのアングラー様がいらっしゃいます。
堤防GTは大変危険なゲームでもありますので、
大きな事故や怪我のないよう安全対策に十分配慮していただき、
多くの方が夢のGTをキャッチできますよう、
ご協力いただければありがたいです。
できるかぎりのサポートはさせていただきます。
何かご質問等ございましたら遠慮なくお問い合わせください。
それではどうぞ宜しくお願いいたします。



台風接近のようですが、週末ナイトは熱い夜になりそうですね。


今夜もダメダメコンビでガンバリます。

















トビウオパトロール開始

みなさんお元気ですか?

ゴールデンウィークに入りいよいよシーズン開幕も近づいてまいりました。
さて、遠征の準備は進んでますでしょうか?

今日は朝4時起床で元浦港切石港をトビパトロール。
港内にはトビの気配はなし・・・・・・・

しかし、元浦沖にはちらほらとトビが追われて飛んでる光景が見られるようになりました。
月の出がもう少し遅くなれば一気に接岸するかもですね!

ところで皆さんはこちらも気になるのでは?




NEW梅雨ブギィが完成ですよ=====

まずはなぜ今までこれがなかったのか?
フローティングの「梅雨F」の誕生です。

ブログに何度も書いてありますが、港内に追い込まれたトビをGTがトップで荒食い状態の時や、
港内奥のテトラ前、トビウオ網横でのスーパーボイルにピンポイントでプレゼンツでき、
シンキングより早い勝負が決め手となるフローティング梅雨ブギィの製作していただきました。

知る人ぞ知る、
「スーパーほっとけピットに座ってヒットするまで一眠り喰うまで待とう、ホトトギッス作戦」にも
十分威力を発揮してくれるであろうフローティングタイプになります。


夜の堤防でお使いの時は着水後超スローで幅の狭いジャーク&3〜5秒のステイで、
GTが喰うまでお待ちください。
今までの梅雨同様、スロージャークでもしっかり動きます。

そして、現行梅雨ブギィより肉細な「梅雨UT3 UT7」も同時に誕生。

水深が浅く今までのシンキングタイプでは攻めのタイムリミットが短いために十分に攻めることができなかったポイントでUTシリーズはフックセッティングによって独自のスローデッドシンクタイムを作り出せることができます。
またロックショアのテストにおいてもうれしい評価をいただいており、
このUTシリーズの開発にGOサインがでた経緯があるようです。
小型GTからカスミアジ、そしてキハダ狙いにぜひチョイス。

そしてそして今季の新色はこれ

諏訪之瀬島と言えばこの大名タケノコですが、
初夏を思わせるさわやかグリーンな「タケノコ」カラーを
UZU工房モリシマン工場長が見事に再現していただきました。
タケノコカラーも全タイプございますのでどうぞご愛用ください。

各タイプのウエイトはこちら

梅雨ブギィF  110g
梅雨ブギィD7  127g
梅雨ブギィD10 137g
梅雨ブギィD13P 145g
梅雨ブギィUT3  92g
梅雨ブギィUT7 103g

ご注文はショップサイトよりどうぞ。

注文の集中が予想されますので対応および発送に少々お時間かかりますが、
どうぞご了承ください。









calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:243 最後に更新した日:2016/11/24

search this site.

others

mobile

qrcode