home goods add reg Island gall link blog

祭りのあと(昭和っぽい)

本日、熱い戦いを終えニイナ先生御一行様はフェリーに乗って鹿児島へお帰りになりました。

たった1日の短い滞在でしたがそこにはドラマがたくさんありましたなぁ〜

いや〜〜楽しかったね〜楽しかったしぃー



さてさて、御一行様が鹿児島到着のころ、堤防へ今夜も出勤。

先に先日、人生初のGTを釣ったKさんが堤防に早くも来ていた。

トビの様子を聞くとちょこっと入ってるとのこと。

今夜も始めるか!

と、思うところだが連日の釣りで体がきつく腕の筋力が回復しきれてない。

私はkさんに「釣りたいんですけど、釣る元気がでないっす」

などと言いながらただ雑談してしばらく時間を過ごした。





堤防パトを初めてから昨夜まで、一日1本を目標に頑張ってきたので、

今日1本獲ればもう帰っていいだろ!と生ぬるい気持ちを持ちつつ、

高い堤防真ん中より北埠頭をめがけてフルキャスト!



風は東の追い風で距離が出る・・・ってことはここで釣れると、

確信する間もない2投目、

D7梅雨パールにカツンと前あたりがきたあとすぐに、

ジジッジジぃ〜〜ジャーーーーーー毎晩聞き慣れたドラグ音がなり始める。

「これ釣ったら帰る!帰ってやる」

と、よからん余裕こいてファイトしていると走りがぜんぜん止まらない。


先日、ドラグの閉めすぎを諏訪之瀬よりはるか遠い神奈川の師匠に注意されたばっかりなので、いつもより軽めの設定でハンドドラグで対応。

グローブでスプールを押えプレッシャー与えるもぜんぜん止まらない。

そのまま乙女の洞窟の方へ一直線に走られリーダーボロボロ根ずれでブレイク。


さらに疲れがどっときて、やられた感も出てこない。

それから10分ほど海を休ませ、また同じ付近にキャスト!


15秒ほど梅雨を沈め軽くジャーク。

ジジジーーー!最初のアクションで食ってきたが、

20mぐらいラインを出されたあとでフックが外れてしまった。

「ちょっとロッド動かすのが早かったかな」.....ん〜〜反省反省





夜も11時が回りそうなころ、港の中に仕掛けたトビ網2つをを漁師さんたちが回収に来てくれた。
ぼちぼちトビが網に刺さっていたし、風がだんだん強くなって来たからであろう。


これはラッキー! 高い堤防でのファイトは危険も多いし体力をかなり使うのでフェリーが付く低い堤防に移動。


南風丸の係留場所で2投・・反応なし


堤防真ん中付近から北埠頭の先端の間にどうも気配を感じる。
風に乗せてフルキャスト!

カツカツカツ!コンコンコン!

やっぱいたか!

ジッジッと言ったきりファイトするもラインでない。

なんなく寄せて、やっと今夜の1本目ゲット。

小さかったので計測しなかったが20kgはないサイズだった。

さぁ〜これでノルマ達成!帰ろうかどうか迷ったんだが、

ちょっと小さかったので今夜はまだ釣った感が味わえてない。



港にはもう誰もいなくなり、暗闇で独りぼっち。

小雨も降り出して暗さが増していく。

「よーーし、せっかく釣れそうな雰囲気満々じゃねーか、、あともう1本ちょっとデカいのを釣って帰ろう!と決めた。

小休止してからのフルキャスト3投目、「グンカツっ!ノッタか?」  あれっ外れた。

すぐ弱めのジャークで誘う! 追って来ない、さらに弱め超スロー、ロッド幅最短ジャーク入れる。

ガガガガガッツツツツ・・・食った、走れ走れ!・・ジャーーーでも大きくない。

「ナンダ、またあのサイズか?」と思っていたら、

ギューーーーーーィーーーンと本気ドーモで走り出した。

「お前とやり取りする体力ないよ、かんべんしてよ」と、

うれしい悲鳴を叫びながら固めのショートロッドの角度を維持し、

スプールをグローブで押えプレッシャーかけるが、



グローブ?globe?


「どこまでも〜〜〜限りなく〜〜出されて苦、ラーーーインとあなたは〜重い♪」

とkeikoの声が浮かんだ。

ヤバい!くだらないことを考えるとまたやられる。

雨のためにヘッドライトを照らすも、ラインの方向、角度が見えにくい。

一人だったので、ライト、足元のサポートもなくいつもより慎重にファイトする。

「くっそーーーこれ獲ったら帰るんだぞ!帰りたいんだ。」

「恵比寿様、お願いだ、これ1本獲らせてぇーー」

スプールを押えてもぜんぜん止まらない。

さっき釣った小型GTをリリースするときにたっぷりと鯵汁を吸収したkeikoグローブ。

ヌルヌルして役にたってねーーーーーそこに小室、いや小雨がCRC的な役目出してるし。

ラインは北埠頭のちょい前付近をを目指し一直線に走っていったが、

80mほど出されたあと運よく止まる。

よっしゃー回収作業開始。

たまたま強靭な殺人ロッドを使用していたので、今夜の寄せには自信があった。

じわじわとそれも着実に寄ってくる。

「勝てるのか?勝つぞ獲るぞ帰るんだぞ!」

右腕の筋力が限界に近づく前に、昨夜、新名先生からご指導いただいた、

早いショートポンピングでのファイトに切り替えると、

相手に一切主導権を握らせず足元近くまでなんなく寄せができた。

あと20m!浮かせにかかる。

最後の突っ込みも楽勝で耐える耐える。

魚体が見える「デカいんじゃね?」

水面に出てきたのはなかなかのサイズ。


よっしゃー勝った。

あらかじめ落とし網を水中に落としライディングの準備をしていたところまで、

ゆっくりやさしく、そしてしなやかに彼女を誘導。

頭からすーーーーっといつもの調子でネットイン。

ロープを結んでおいた愛車ジムニーに乗りじわじわバックでロープを引っ張る。

※一人の力では絶対に網を上げることができませんので、
 一人での釣りはなるべくやめましょう。
 


網のステン枠が見えたところで車から降り網を引き揚げるのだが、

ファイト直後の一人網はクソ恐ろしく重たい。

誰もいない暗闇の堤防で、

「どりゃーーーl」声出して気合いれなおし網を堤防の上にずり揚げる。

すぐさま計測の準備、

実測37.5kg!

一人では十分な大きさだ。

持ち上げてリリースできる筋力が残ってないので、

計測の板を使ってすべり台リリース成功。

※デジカメ壊れちゃったんで、アマゾン購入で配達中まだ届かず。
 画像は今夜はなしですスミマセン



12時回ったころから雨と風もひどくなったのでここでゲームセット。

一日1本のノルマは達成。


今夜の低い堤防でのタックル

ロッド  MCワークス レイジングブルブル 938XX(ニイナ先生のロッドを無断借用中


リール  ステラ昔の20000PG


ライン  信頼と安さのウルトラダイマーニ8号200m(200mで港は十分)


 
リーダー  バリバス80号  


ルアー   梅雨ブギィD13プロ トビウオカラー


  
ロッドは強靭な938XXですがもし手に入るのであれば絶対に欲しい。

このまま黙って使っていれば自然とオレの物になるかもしれないとひそかに思っているし、

ニイナ先生はすごくやさしくてかっこよくてオサレで、地磯でのお風呂好きな方なので・・・

「えええぃめんどうだ!オレにクレ!」


筋力の状態が長時間のファイトにもう耐えられないので、短時間での勝負にはもってこい。

ただし、それだけ人間に負担が大きいロッドでもある。

ある程度の筋力と体重がないと高い堤防とかで扱うのは大変かもしれないが、

魚を浮かせるパワーはすごいものがある。

人間の限界か来ても、ロッドが助けてくれているのが実感できた。

今夜は追い風ということもあり、わざと沈下速度のはやいD13をあえてチョイス。

ヘビーウエイトを938XXでのフルキャストはきついところではあるが、

追い風をうまく利用し投げると、肩に負担もかけずショートロッドでも距離が出せる。

釣れる気配は十分だったので、距離を出せた分少ないキャスト数でヒット2本に結び付いた。





鯵汁三昧、今ならトラブル付き

あ〜間に合ってよかった。
の、理由はまた後ほど。



今夜も堤防勤務してまいりました。

たまたま夜7時半より9時過ぎまで通船組合総会(フェリーの通船作業をする人たちの話合いです)があったため、

いつもより遅い出勤となりました。

総会も終わり急いで堤防についてみると、

北東の強風で港の中は少しジャブってたが釣りができないほどではないので、

あわててタックルの準備をしました。


2晩連続ヒットのフェリー係留の堤防からは向い風なのでちょっとやりづらい状況だったのですが、

なんと今夜はトビ網なーーーし!

漁師の方も総会に出席していたため、網入れなかったとのこと。

じゃーとりあえずここでやるか!とポイント決定。

車のライトで港を照らすとちょこちょこトビはいるようだ。

昨夜も釣りを見に来ていた堤防工事で島に滞在している人とちょこっと雑談しながら、

1投目・・・風強く距離でない・・これじゃだめだ。

高い堤防に移動して追い風で投げるか迷う。

「風強いですね〜高いところから攻めようかな〜」

ブツブツ言いながら、本日2投目をできるだけの力でフルキャスト!・・・そして沈めて20秒。

最初のゆっくりジャークで3秒ステイ・・・コツコツン。

ん?トビか?なんか当たった・・・そのまま動かさずに沈めるが何もなし。

もう一度、ゆっくりジャーク、手も息も止めて5秒待つ。

コココココッ・・・ん?

ジ・ジ・ジ・ジャーーーーーっ!

喰ったで!走れぇ=

ジャーーーーーーーーーーーーーーーーー!

トマンネーーーデケーー何〜〜〜〜〜走りすぎなんだよコイツ。

そしたら、50mほどグングン首振りながら走ったがようやく止まった!

と、おもたらまたジャーーーーーーっ!

やっべーよーー少しあせってきてスプールを押さえるも止まらず。

ぐっと力が入った瞬間・・・パーーーン。

あ〜〜〜〜ライン飛んだ、スプールで切れた、あせりすぎだ

あ〜〜〜〜〜3日連続ヒットだったのに。

今日のブログのタイトルは「鯵汁三昧」と決めていたのに。

くだらんことを考えてるとろくなことはないと反省しつつ。

サブのロッドに代えて同じ場所を攻めてみたが、反応はいまいち。

少し海を休ませて再度同じ場所でキャストを開始、

早くしないと月上がって明るくなると考えながら、先ほどのヒットのイメージを再現しながら沈める。

コッツンコツン!

来たかコレ?  そのまま沈めると。

ジッジッ。


グングンと首振りがラインを通じて手に伝わる。

やったぜーーGのTだ!

ん?

あれ?

なぜ走らない?

ちょっとがっかりしながらも巻き巻きライン回収。

楽に上がって落とし網でキャッチし計測。

実測で23.8kg(話題のタニタデジタル体重計使用)

小型なGTだったのだがこれで「鯵汁三昧」が使えると思うとニヤニヤし、

鯵汁を浴びながらのお姫様抱っこで写真撮影。

ん?

おかしい、あれ?カメラにメモリー入ってねーーーーっ。

最近、ブログに使うのでPCに突っ込んだままで忘れてしまった。

カメラをお願いした見物の方に平謝りでした。

なので今夜は画像一切なし。

信じるも信じないもアナタ次第。

唯一の証拠は今夜着用していた鯵汁三昧の「現場用Tシャツ」ネイビーLサイズのみ。

今も着たままなのですがなんとも言えないこの香りをお届けできないのが残念でなりません。

洗っても鯵臭なかなか取れないんですよね。


さて、気を取り直して釣り再開。

しばらくすると港の一番奥のテトラ前でトビの気配があったため移動。

キャストしてアタリなしのままルアー回収するとトビがついて来ていた。

トビいるなここ。

よっしゃー釣るぜ!

2投目。。。フルキャスト!

風が少しおさまったためよく飛んだ。

20秒沈めて、最初のジャーク&ステイ。

コツガツっと当たった瞬間、ジィーーーーーーーっ。

やっぱここにヤツは居たーー。

20mほどラインを出したがすぐ止まったのでポンピングで回収開始!

足元まで寄せた魚を腰を入れて浮かそうとしたその瞬間、

「ビリッ」

お気に入りノースフェースの短パンのケツ破けた。

短パンより魚の方が大事なのでそのまま浮き上がらせ、

専属カメラマン(現物に来てる人)に落とし網の用意を指示。

指示というのは冗談ですが、現物の人も3本目のランディングなので慣れてきたらしく、

落とし網の用意を勝手にしてくれるようになりました。

ホント一人では大変なんで助かります。

おかげさまで本日2本目めでたくゲット!



さっそく計量と鯵汁三昧と行きたかったところなんですが、

腹フックがあごの下一番の外しにくいところに刺さっており、

バーブレスとはいえフックを外すのに時間がかかったため、

計測はせず鯵汁三昧だけを堪能してお姫様抱っこ状態でリリース。

無事に切石の海に帰って行きました。

サイズは目測で26か27kgってところでしょうか。


そして、2本も釣って喉も乾いたので持参したポカリを飲んで休憩していると、

「ググググググッ」

おなかの調子が急に悪くなり今にもブレイクしそうな予感、

時間は夜中12時を過ぎ月も上りあたりも明るく釣れそうな気配もなくなったことだし、

おなかもヤバそうなので急いで自宅に帰ることにしたのですが、

深夜で車を飛ばすわけも行かず、

民宿「御岳」を過ぎるあたりでおなかの限界が近づいてきましたが、

どうにが車内リバースだけは食い止め自宅に到着で速攻トイレで間に合いました。


それでは今夜2本ゲットのタックルは

ロッド  オシアGT97 (折れるまで使います)

リール  ステラ20000PG  

ライン  ウルトラダイニーマ8号

リーダー バリバス 60号

ルアー  梅雨ブギィD10チャートパールバック(風の影響もあったのでD10にしました)


今夜失ったタックルは

ウルトラダイニーマ8号100m

梅雨ブギィD7チャートパールバック

2本も釣ったという証拠写真

お気に入りだったノースフェイスの短パン

飲みかけのポカリスエット

以上です。



アジ汁2杯目おかわり君

空は曇り、月の出は昨晩より遅れるとあって、
今夜は早い時間(夜8時ごろから)に期待十分でした。

ちゃっちゃと晩飯食って、8時過ぎに堤防に到着。

まずは港に仕掛けられたトビ網をチェックすると、すでに50尾ほどはかかっていたが生きているやつがいない。

夕方には入った可能性もあるなと思い、あわてて堤防先端に向かうがトビの気配はなし。

やはりっ堤防付け根、トビ網付近が一番釣れそうな気がしたのだが、

網に向かって投げるわけ行かず、しばらく偵察がてらあちこちでキャストする。

9時すぎに漁師さんがトビ網回収に来たので堤防の上からのぞいてみると、

あれからさらにトビが入ってきたのであろう、200尾以上ぐらい網に刺さっていた。

まちがいなーいー今夜もここだ!


そして網の回収が終わり、船が居なくなるのをまってフェリーが接岸する低い堤防に移動。

いつもの梅雨を投げて3投目、カツン!と小さな前アタリ。

いたいた、あいつやっぱりココに居たと思いつつ、

そのまま沈めつづけて、

「食え!食え!もってけ!」と口で叫ぶもフッキングしない。

食いが浅いのか・・・さらにもう一度、超スローに軽く1回ジャーク入れてそのままデッド。

カツンカツン来た後ドラグがジッ、ジッ・・・・ジィー

食いやがったぜハハーーーーーン。

しっかり食い込ませてからロッドを起こしファイトする。

昨夜にくらべてまったく走らずラインも出ないし出させない状態からホイホイサッサでライン回収。

それで上がってきたのがこいつ!




計測25.8kg

だいたいここの堤防GTの平均的な重さでしょうか?


今夜もまたアジ汁あびながら写真撮影後、ヤツは切石の海にお帰りになりました。

その後、同じポイントで3回アタリがあったもののなかなかルアーをくわえこんでくれず
雨も降ってきたので今夜は終了。

タックルは昨夜と一緒です。


では寝ます、寝る!眠いし寝たい。






今年初のアジ汁あびました。

2日前からトビが切石港に入ったようなので、
今夜からパトロール開始、

で結果は







おかげさまで43kgオーバーです。




フックがほっぺに刺さったためこんなことに。


ルアーはもちろん、梅雨ブギィD7 チャートパールバック

ロッド   MCワークス  RB106XX

リール  ソルチガZ6000  

ライン  ウルトラダイニーマ8号200m 

リーダー バリバス 60号  

です。




追記します。

今年の堤防1発目は150mほど一気に止まることのない走りをし、
体重のわりにトルクのある個体で、
写真ではわかりませんが、尾っぽの付け根がかなり太くいかにも力がありそうな体系をしたGTでした。
ドラグもそれなりにかけておりましたので、普通だとドラグノブが熱で破損するようなファイトだったと思います。
是非、ラジエーションドラグノブへの交換をおすすめいたします。
http://all.daiwa21.com/fishing/item/ize/op_parts_ie/razi_knob/

港の中とはいえ止めないと簡単にやられます。
   


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:274 最後に更新した日:2018/07/09

search this site.

others

mobile

qrcode