home goods add reg Island gall link blog

キッコウマンの醤油は辛い

梅雨前線停滞で一日中雨マーク。

夜も大雨になる予想でかなりきつい釣りになりそうだったので、
9時過ぎゆっくりめに元浦堤防出勤しました。

すでに2つのトビ網は鈴なり状態。
トビすくいの島民に話を聞くとすでにかなりすくえたようだった。

サーチライトで港内を照らすといつものように、
堤防先端よりリーフの間あたりにかなりの数のトビが飛びまくりました。

早くからお立ち台に行くつもりでしたが、
ここはとりあえず先端で遊んでから行ってもいいかなと、
チビタカと二人で先端に降りる。

キャストを始めるとすぐコツコツとルアーに当たってくる。
先にチビタカにガメらしき奴がヒット。。。。すぐばれる・・・ばらしてみた?

何かが何度も当たってくるもののなかなかフッキングから走ってくれない。
さらに同じ場所にキャッスト!
またアタル・・・・そのまま放置・・・・まだアタル・・・・イライラしながら放置。

ジッジッっとやっと我慢我慢のフッキング!・・が3mほどライン出たあとピタリ止まった。
「なんだガメか!」
がっかりしながらハンドルを回す。
「ん?ガメにしちゃ重いよ、何だ?でも走らないし、ガメじゃなくてまさかのカメ?」
そんなことを考えながら足元まで寄せてからのリフトアップ!
「おもーーーーーっ!これガメじゃないよ、何か重すぎるんだけどさ!」
コイツ今になって目覚めたのか下で少し暴れだした。
ゆっくりファイトしてた分、そんなにライン回収してない。
あわててリフトアップで巻く巻く。

テスト中のロッドが綺麗に弧を描いて魚体を浮かび上がらせる。
隣でチビタカも不思議そうに私のファイトを見ていた。

そして、あがってきた魚を見てびっくり。
30kg弱はありそうなイソンボ君ではないか!思ったよりデカい!
で、なんで?このファイト?

落とし網から外に出してみてさらにびっくり。
梅雨ブギィは尾びれの付け根付近にグサリと刺さり、
220LBのリーダーは口の中に猿ぐつわ状態で結ばれ、
魚体にまるで○○縛りの様に絡まっていた。

「コイツ変態犬か?なんでこうなった?」


30kg弱ってところでしょうか。

ルアー 梅雨ブギィD10トビウオ 
ロッド リップル プロトモデル 10f
リール ソルチガZ 6000 見た目がカッコイイ ノーリミッツスプール
ライン PE8号 信頼と安さのウルトラダイニーマ
リーダー 犬の亀甲縛りに最適、鋭いキバにも十分耐えた  バリバス 220Lb


長年釣りやってるけど、こんなのは珍しくラッキーと言っていいのか迷いますが、
ま〜〜でも食いが浅い状況でヒットに持ち込めたのだけはヨシとしましょう。

その後、先端ではプチガメ祭りが行われ、
京都からお越しの雄叫び怪獣君がチャート梅雨でガメキャッチ。


その後、このほかにガメ2本。

11時を回ると先端で釣れる気配がなくなり、
僕らのステージ「お立ち台」へと移動することにした。

と、ここでチビタカが居ないことに気付く。

「あいつ、今夜もオレを出し抜いて先に釣ろうという魂胆だな」

そうこうしているうちにお立ち台でライトが点滅し始め賑やかそうだ。
あれは間違いなくヒットの合図。
先に福岡の林君が行ってるし、なんか悔しいので助けに行ってやらなーーい。

しばらく先端で投げた後、てくてくとお立ち台に向かって歩いているとまたライトが点滅。
仕方ないので走ってサポートに行くと、すでにチビタカがファイトも終え網に入ったところだった。


「毎晩毎晩、よく釣りますね〜〜」

ところで、「さっきは誰釣ったの?」
「林君すよ!」

キャッチしたGTは30kg軽く超えてたらしい・・・・・林君だったら早くサポートに行くべきだった。

このころから次第に雨がひどくなり、お立ち台前の崖から大量の雨水が流れ落ちる音がし始め、
トビはいるものの食いがピタっと止まり、今夜のゲームはおしまい。
風邪引く前に撤収しました。

今夜はUZU新名先生がお立ち台スペシャルゲストとして参戦!
またまた盛り上がりそうです。




※暇なので追記

田原俊彦で 「抱きしめてTONIGHT」


切られたこと 隠すの あんまり下手だね♪

腕が伸びた姿勢で ファイトしていた♪

ガメばかりを見てきたから わかるつもりさ♪

トップよりも梅雨を 落としてごらん〜〜♪



AH もっともっと スローに巻け♪

肩の力を 楽にし〜〜て♪

ドラグも溶かして 素直に巻け♪

ゲーム  終わったわけじゃない♪

触れたら 飛びそうなラインだよ ダイニーマー♪     (ウソ)

必死に 巻き寄せて GTの顔 見てみた〜〜い〜〜〜〜♪


(ラストのサビ)


oh、catch me リールなら

catch me 巻いている

ブレイクは  続かない

catch me いつまでも

catch me 誰よりも

釣りたいんだ   もっとぉ〜〜♪






元浦お立ち台でバブリー

昨夜も前日とまったく同様で元浦港にはすさまじい数のトビウオが接岸しました。

網は2つ、とびすくいチーム3か所、釣り人8名というまあまあなにぎわいぶりです。
上げ潮が若干遅くなったせいか、夕方のスーパーボイルはなくなり、
早い時間はそれほどトビはいません。
やはり9時以降から少しずつトビが増えてきたように思えます。

いつものように先端左を何名かのルアーマンが攻めてましたが、
トビの集団は遠いリーフ側に集まるばかりでぜんぜん届かずアタリもありませんでした。

10時ごろにトビすくいをしていた方がサーチライトで照らしたら、一瞬手前にかなりトビが寄って来てました。
すると、旧堤防先端で投げていた沖縄から毎年いらっしゃるおじいちゃんにヒットー!


せっかくかけたんですが、堤防先端を右に左に何度も行かれ、最後はラインが角に当たりブレイクしてしまいました。
いやー残念です。

その後はトビは徐々に増えてくるものの、近くに寄らずアタリもなし。

たまには堤防外側もと思い、ハシゴで上の段へ上り投げてみるが、
トビはこちらもけっこうな数がいるが親の気配なし。。。

これだけ頑張ってキャストしてアタリもないんじゃぜんぜん面白くない。
これどうしたもんかと休憩中のチビタカと話してたら、
「やっぱ、もう行くしかないでしょう」と言った。

「やられる覚悟でいくしかねーよな!行くか!」と答えた。
考えるとことは一緒ですね。

元浦幽霊伝説を信じてるとびっこクラブのみんなはもうおわかりですよね。
通称「お立ち台」、港と船だまりを仕切る高い堤防で狙うことを決めました。

このお立ち台、先端からまっすぐルアーを投げると浅いリーフの上、
港の中に向かって投げるとトビ網のブイとそのアンカーロープが近い。
ここはガチンコファイトしかない究極のスペシャルステージというわけで、
私はタックルの準備にかかった。

チビタカはすでにガチンコベイトタックルなので、
「じゃーー先いってまーーーす!」と先に出発。

「ええーー先に行っちゃうの?」

いつもわが子のようにかわいがってきたつもりなのに、
俺を出し抜いて先に釣ろうなんてどんなに汚いやつなんだ。


※チビタカとは実際に親子ほど年が離れてます。
 彼が島でまだ中学生だったクソガキのことからの釣り友であり、
 今では私の釣りの先生です。


かなりイラっとしましたが、大人げないところを見せるわけもいかないので、

「おおーーーヒットしたらヘッドライトで合図しろよ!落とし網持って走って行くから」とオレ。

チビタカは先にロッドを持ってお立ち台へ歩いて行きました。

私はマイ鯵汁軽トラカーの荷台でバタバタとタックルの準備していると、
5分もたたないうちに「お立ち台」クソガキチビタカより、
5回点滅ア・イ・シ・テ・ルのサインが!!!!

「あいつ、1投目でかけやがったな!」

急いで落とし網を担ぎ「お立ち台」へ走る走る。

到着するとすでに小ぶりなGTを自分で抜きあげていた。


「トビ目の前にたまってますよ!1投目で出ました」

「そんなのわかっとるわーーーい」
不機嫌なまま写真撮ってやってリリース!
遅い時間になって港奥にトビが集まって来たらしい。
あわててタックルを取りに車へ行き「お立ち台」へ戻ると、
「さぁー投げてください、1発目で絶対出ますよ!」

なんとチビタカはオレの為に投げずに場を荒らさないように待っていてくれたのだ。
いいやつだと以前からわかってはいたが、なんて優しいいい子なんだ。


じゃーお言葉に甘えて投げさせていただきますと、
狙うは水深5mあるかないかのデンジャラス崖横にポッパーをキャストーっ。
弱めにそーっとポップして止めてみる・・・・さらに弱ポップ、くっそ〜喰わない!

もう一度〜〜〜キャストして弱くポップする。
ポッパーが通り過ぎたあとを、トビが逃げた!
あわてて回収してキャスト。
超どスローでポップさせずに巻いて止める・・・また巻いて止めた瞬間。

ドッカーーーーーン!大きな水しぶきが見えた。
これだろ!ほら出たぁ===

ジジジジィーー!ドラグギチギチなので体ごと引っ張られる〜〜〜。
グローブでスプール押えプレッシャーをかけると20mそこそこで止まった。
「ライン飛ばなくてよかったよウエマ師匠!」

運よくまだ根には当たってない。
さぁ〜こっからだぁ〜〜絶対休まないぞ!巻く巻く巻く巻いて巻いて!
クンクンクンとヘッド叩く。
よっしゃーーーーあわてず同じペースで寄せてくると、足元近くでさらに浅い港の最奥に入っていかれた。


そこは浅いというより岩だらけだ。
案の定、ガツッとルアーが何かに引っかかったような感触があったあとまったく巻けなくなった。
これはヤヴァイ、少しテンション緩めて相手が出るのを待つ。
10秒ほどしたらズリズリっとリーダーがこすれ、その直後スーッと抜けた。
今だ!チャンスだ!

ロッドを思いっきり立てって引きずりだしたあとゴリゴリゴリゴリ巻く巻く巻く巻くそして、浮かせる!
水中で魚体が光ったのが見えた。
「これ獲れるよチビタカ!」

上がったのは30kgちょいありそうなこいつ。

ルアーはヤンバルのホーリー漁労長から頂いたポッパー、プロト「ビギン」ちゃん。
大きさはさほどでもないけど、とにかくうれしかったし、楽しかったし、興奮した1本。
これだからやめられない。
それに久しぶりにチビタカと二人だけで釣った。
これがまたなんか楽しいんです。

1本獲って大満足したのでチビタカにバトンタッチ。

すると、ソルチガLDからラインが出ていくシュルシュル音が聞こえる。
もう、掛けやがった!


ガチンコタックルで余裕のファイト!

上がったのは20kgぐらい。
ロッドのテストも順調なようです。

今夜はこれで終了。
さすがに疲れて帰りました。

同じ時間帯に港内では餌釣りで1本上がったようです。
時合いだったようですね。



おそらく今夜もこんな感じではないかと思いますので、
早めにお立ち台行ってみます。

元浦絶好調

元浦の好調が続いております。

昨日も雨が降ったりやんだり、いかにも梅雨時期らしいジメジメした天気。
西からの強風で港の外は4m近いうねりがあり、
港内でも2m近い波が押し寄せる状況でしたが、
トビは大量に接岸してくれました。

堤防先端は大波が押し寄せるために降りることは不可能、
港内のうねりも大きくトビ網を仕掛けられる状況ではなかったようで、
ゆったりと障害物のない港の中でのゲームができました。
悪天候がある意味ラッキーでしたね。

9時頃、先端内側に釣れる気配を感じたので、
西からの強風をうまく利用し梅雨ブギィD10をキャスト
横風の影響もあったのでD10もしくはD13でもよかったかもしれません。

ラインが風に引っ張られてうまくフォールしてくれないので、
着水寸前にサミング、ティップを下げて海面に近づけ、
なるべくまっすぐ自然に沈んでいくようにする。
波の水圧でルアーが引っ張られて、梅雨独自のコツッ!としたアタリがなかなか伝わりにくい中
ギュィーーんとひったくった奴が来た。



やっぱここだ!予想が当たってうれしいい!・・・・が、
ちょっと走った程度で止まった。
えっ?またガメかよ!
今日は替え歌なしだぜ、ガメもういや〜〜ん。
いやな予感がするがガメにしちゃ==まあまあ引く。

テスト中のロッドの曲がりとパワーを確認しながら、ちょっと強引に寄せてみた。
ん〜〜思ったよりはパワーありそう。


本日の初ものは15〜18kgぐらいでしょうか。
まーー釣れたからよしとしましょ。

さてさて、しばらくすると昨日もブレイクで凹み中のマナブ君にヒット!

ファイト中の顔があまりにもお見せできないためぼかしてます。
けっこうなドラグテンションなのにまったく止まらずハンドドラグで対応。
100m以上出されたところでラインが飛んでしまいました。
今夜も神様は彼に微笑むことはありませんでしたーんーー残念。

そうこうしているとまたまたヒット!の声。
おお〜〜これはトビぶっこみ中のM岡氏ではないですか!

タックルがまたカッコイイ・・
RB106XXベイトにUSソルチガLD50。
最初のランを確実に押え、テンポよくライン回収、あわてることなくベテランらしいファイトです。

上がってきたのはコイツ〜〜。
40kgはあるんじゃね!見事に肥ったいい魚体でした。


さてフェリーがもうすぐ入港なのでここでおしまい。
あとはまた追記します。

続き・・

お次は2日連続でイチロク君にヒット!

デカそうだけどなぜか余裕。


限定カラー「新月」を丸のみ・・・食いがイイみたいです。


なかなかのサイズでしょーーいいな。

そしてそしてお次は、
来た〜と堤防に響き渡るデカい雄叫び。

初めての堤防GTで興奮の京都からお越しの彼。
ロッドは申し分ないパワーなんだけどリールがちょっと小さ目。
PE6号ってのもあって最初のランを止めてから慎重に寄せてキャッチ。
おめでとーーーー

夜中2時もまわりちょっと疲れてきたので私はこれで帰宅

その後も続いて3本上がったようです。

今日は風もおさまり釣りやすい状況ではありますが、
週末便ということで釣り客も多くなりました。
すでに釣った人は、仲良くサポートに回りたいと思います。

朝、子牛生まれました!オスだったのでこちらもラッキー!










元浦復活祭

島に戻ってみると元浦が大変なことになっておりました。

台風前よりトビが接岸していると話には聞いてましたので、
夕方5時すぎに港チェック!

港内にはトビ網がすでに2つ入っており、この時間で網と網の間でもうトビが跳ねていました。
もうこれは今夜のお祭りが確定したようなものですね。

あわてて自宅に戻り早めの出撃に備えることにしました。

7時過ぎに元浦到着!
雨模様の天気のせいで若干いつもより暗いもののまだ夕方という感じなのだが、
すでにトビは何者かに追われて逃げ回っている。

これは100%何かが起こりそうな予感です。
堤防には今日の船で諏訪之瀬島入りをした、チビタカやイチロク君に林君と他3名がすでにスタンバっていた。
それに加えてトビウオすくいやら釣りやらの島民がたくさん。
みんな気が早いんじゃないの?


港内先端内側付近でトビがバシャバシャと出まくる。
魚体はでないのではっきりとはわからないが、どうやらお犬様の気配。
十分ルアーの届く範囲にナブラが起きても、
ヤツの移動がかなり早いのと、まだ明るすぎてルアーを見切ってしまうため、
なかなかヒットに持ち込むことは簡単ではなかった。

こういう状況(目の前でのボイル)だと、みなさん興奮してバンバン投げまくりますが、
たいがい釣れません。
明るいうちはなぜか釣れないことが多いです。

初心者の方はここでテンションあがりまくり必死にずっと投げ続けて、
しまいにはかなり疲れてせっかくのいい時間帯が来た時に投げる体力がなくなったり、
夜中、途中でダウンされる方も多いので、ペース配分をしっかり考えてください。
特に悪天候の中のキャスティングは大変疲れますし、途中座ったり休憩もなかなかできません。
梅雨時期のGTはかなり過酷です。

さて、誰もヒットしないまま日が落ち真っ暗になってしばらくしたころ、
先端でひそかに投げていたイチロク君がヒットーーー!

さすがいいところ投げてるなぁ〜

ベテランらしく余裕のファイトでこのサイズ。

やっぱ梅雨でしょう・・・完璧でしょーー。
悲しいかなトップと違ってフッキングは口以外多し!
ファイトが少し大変ですがまずは本日1本目でおめでとーーす。

しっかり抱っこして鯵汁三昧!

さ〜〜これでみなさんに火が付いちゃいました。
続きまして堤防真ん中付近でひそかに投げていたベイトキャスターチビタカにヒット!


くっーーー楽しそう!

それも諏訪之瀬島トビウオ漁組合応援団付き!


サクッと釣り過ぎです。
実測で35kgでした。

チビタカはそのあと40kgぐらいのを1本!


トビ網もなくなり堤防が静かになった12時ごろに、餌釣りぶっこみでこれまたいいサイズの40kgが1本

そしてワタクシが・・・・・


ガメ!…変な歌作ったばっかりに親らしいアタリはあるものの梅雨を食ってはもらえず、ガメ釣りました。
悲しくなりました。


追記

私は12時過ぎで帰ったんですがその後も好調だったらしく
イソンボやGTが上がったようです。

今夜はこれで頑張ります




※お願い

最近、メールにて変な替え歌を投稿されてくる方がいらっしゃいますが、
当HPはトカラの大物釣りがメインであり、替え歌投稿サイトではございません。
私より面白い替え歌の投稿はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
最悪の場合、当ブログにて公開(パクる)こともありえますのでご注意ください。




切石トビO、元浦はギンガメッシュ

今夜はどちらの港もベタなぎでしたが、昨夜の切石港はトビが1尾も見当たらないという悲惨な状況だったため、
元浦メインでの釣りになりました。

少し出勤が遅れ、9時前に行くとすでに今晩の第一号がイソンボ17kg(実測)



しばらくすると堤防先端の上でバチャバチャと魚が跳ねる音が聞こえたので、
ライトで照らして見ると、

ホーリー漁労長がギンガメの出荷作業に追われていたのだった。



ホーリー漁労長、自分だけ出荷しようなんてダメですよ!

私は今年初めてGT参戦のハンモッ君に「ポッパーで出るよ!早く投げて投げて!」

「こっちにフルキャストね、水面から飛び出さないように柔らかくポップ!ポップ!、間隔はゆっくりだよ!」

しばらくするとギューーーっ、ほーら来た。

初のギンガメをゲット!



初物にかなり興奮気味、「次はモノホン行こうね」
きっと本番に向けいい練習になったでしょう。

あとから聞いたお話ですが、その後磯っプ君がトップで何者かがヒット、
残念ながらすぐポロリしたらしいのですが、
フックを見て愕然としたらしい。
フツーはフックって伸びてバレますよね、
それがフックがグシャッと潰されたらしいんです。
一体、なんだったんでしょう、気になりますね。


朝になり、本日の上り便でお帰りになる、今回一番の水揚げ高を稼いだホーリーさん、
釣り以外で島到着直後から話題沸騰だったハヌーさん(仮釈放から本日無事に刑期を終え愛する妻の元へ)
メーサー捕獲作戦で時の人となった磯っプ君、
楽しい時間をありがとうございました。
また来年と言わず6月にでもどうぞ!

そして、いよいよ明日はイベントの日、
参加者、STAFF合わせて30名近くの受け入れで大忙しですが頑張ります。




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:257 最後に更新した日:2017/05/28

search this site.

others

mobile

qrcode