home goods add reg Island gall link blog

ウエマー師匠の言う通り最初はデカイぞ!

長らくお休みしていたブログをそろそろ再開致します。

まずは
このたびの熊本地震により、
被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げますとともに
早く復旧復興ができますように心よりお祈り申し上げます。


さて、まだまだタケノコの収穫出荷作業がおわらないうちにトビの接岸情報が入り、
昨夜から堤防パトロールを開始いたしました。

とは言え、潮があまりよくないことから、
いつものナイトゲーム開始時刻の夜9時にひとまず元浦港切石港をチェック。
どちらの港とも先端外側にちらほらと見える程度でとても接岸したといえる状況ではありませんでした。

そこで一旦自宅にもどり待機!
眠気をこらえて夜中の12時再度チェックをすることにしました。

今夜の相棒でもある島の釣りとものザキTとまずは元浦に到着しサーチしてみると、
先端横のリーフにまとまったトビの群れがライトに反応して飛び出しました。

上げ潮でいよいよトビが入って来ると確信。
さっそくトビのいる方向に向かって梅雨をキャストするも全くアタリもなし。
南風の影響もあってかどうもトビのいるところまでルアーが届いていないようでした。

ダラダラとキャストしながら港内の様子をうかがっていると少し港内奥の方へとトビが移動し、
あのデンジャラスお立ち台からどうにか届きそうだったのでお立ち台に移動。



ここが元浦お立ち台!目の前は絶壁、水深浅く、リーフは目の前。
ちょっとでも気を抜いたら大物は取れません。

さて数回キャストするものの、コツっというGT特有の前アタリが一度あっただけでヒットはせず、
そうこうしてるうちにトビはまた先端横リーフに移動してしまいました。

こちらも再度先端へ移動してキャストしますが、先ほどより横風が強くなりまったくルアーが届きません。
たまにサーチライトで照らしても本番とは言えないほどのトビが飛びGTのボイルもたまに1度あるぐらいで、
活性も低いようでした。

夜中も3時近く上げ潮止まりの時間が近づき半ばあきらめて今夜は帰ろうとしましたが、
最後にもう一度だけお立ち台で投げて帰ることにしました。

到着するとピチャピチャとトビが跳ねる音が聞こえてきて何やらいい感じです。
横で早速ザキTがキャスト・・・・・そしてルアー回収に入ろうとした瞬間に
夜光虫がパっっと光りバシャーーと魚が跳ねる音
そして2度目のバシャーで足元まで回収したルアーにヒットしました。

あげてみるとなかなかのサイズのガメ子さん。



写真とリリースをすませて私がキャスト!

着水3秒ステイでハンドルをゆっくり1回転しまたステイ ・・・・ゴツゴツゴツ  
間違いなくGTのアタリだがのってこない。
さらに1回転でハンドル止めようかとした瞬間にゴツンガガアァーーー〜〜〜〜(^^♪
やっとGTが喰ってくれた。

「シーズン最初のGTはデカイやつがキットクル〜〜から注意してくださいよ!」
と、前日にウエマー師匠からありがたいメールでのご指導をいただいていたので、
今回は少しだけドラグを気持ち低めに設定してラインが飛ぶのを防いだつもりだったのだが、
出るわ出るわ・・・まったくスプール止まらず半回転ドラグを絞めて通常設定値に戻すもぉ〜〜〜〜止まらん。
得意のハンドドラグも追加で50m以上ラインを出して最初のランを抑えた!というか止まってくれた。
いつもの調子でガチンコドラグだったらきっとライン飛ばしてただろうな〜〜〜
師匠サンクス!(私はあまり学習することをしないようです)

さぁ〜〜ここから反撃開始といいたいところだったが、
前日まで頑張ってきたタケノコ収穫祭のおかげで体力筋力があまりなく、
へなちょこファイトになってしまった。
魚の引きが止まるたびにいつものショートポンプをさらにショートに切り替え、
じわりじわりと寄せ続ける作戦にしたことで、
どうにかこうにか指導権をヤツに渡さずにネットインできた。

梅雨は下アゴ胸ビレ付近にざっくりとささり身も切れていたためリリースをあきらめてキープすることにしました。


ロッド   RunnerExceed 100 SXH TEST NO.2 Nano

リール   引退マジかなソルチガZ6000

ライン   バリバス アバニGT SMP 8号 

リーダー  バリバス 220lb

ルアー   梅雨ブギィ トビウオD7

自宅に戻りデジタル体重計にて計測   41.6kgとシーズン初ものにしてはナイスGTでした。


さらにゲームを続ける余裕がなかったので今夜はこれで撤収。
持ち帰ったGTは民宿「ヤマキ」のご主人が喜んで頂いてくださいました。



今夜から風が強まり天候もくずれるようで「フェリーとしま」は欠航が決まりました。
昨年は悪天候にずっと悩まされ続けましたので、今年はおだやかなシーズンになればいいですね!

北風にやられました

昨夜の元浦港にはたくさんのトビが早いい時間より接岸しましたが、
強い横風の中でのキャスティングとなり、
トビのいる場所へなかなかルアーを叩き込めず、
アタリ&ヒットの少ないゲームとなりました。

そんな中、絶好調中のゲロ神桜井が、
たくさんのアングラーを差し置いて一瞬のチャンスをモノにしてGTゲット!


堤防先端に走られながらも水平ポンピングで小ぶりなGTキャッチ。



桜井君キャッチのあと、トビが堤防に近づいてきたチャンスにいい場所でキャストしていたアングラーにヒット!


その後は北の風も強くなり、アタリがたまにあるもののヒットには持ち込めずでした。


今夜もトビの接岸はありそうですが、キャストしやすい状況だといいですね。



博士!!諏訪之瀬島に戻って来てもいいんだよbyゲロ神桜井

昨夜の元浦港は悪天候の激シブから激アツに・・・・いきなり爆釣モードにスイッチ入っちゃいました。

ぜんぜん寝てないので手短に画像だけ更新っす・・・スミマセン


昨夜は前日の豪雨から天候も回復し、風が少し強いものの予想どおりトビ満載の元浦港になりました!
9時前には港内奥までトビが押し寄せ、トビウオすくいも1時間ほどでクーラー満タン。

先端よりちょい手前付近でアタリが連続で出始め
先陣を切ってゲロ神桜井がまずはヒット!




ルアーはもちろん梅雨ブギィ



ロッドももちろん リップル RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH です。

キャッチして10分もたたないうちに先日45kgゲットの鈴木君にまたしてもヒット!

チャート梅雨がいい仕事してくれました。


このサイズならもう余裕のファイトでキャッチ!
堤防GTは慣れが一番重要なのかもしれませんね〜〜〜〜


続いてあともうちょっとでキャッチ寸前でポロリしてしまった坂本君に再び強烈なアタリが襲い掛かります。
今度は慎重にファイトしてGTゲットです。

ルアーはもちろん 梅・・・・じゃなくてガンズ
ロッドはもちろん スタンダッポーじゃなくマンビカ・・・




そしてまたまた2本目をゲロ神桜井がヒット!



ガッツリ梅雨を飲んでおります。


ロッドはもちろんのリップル RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH

この後私にもお手軽サイズがヒットしました。


祭りのトドメは100kgはありそうなメーサーを林君が駆除!


ロデオマシーン状態で記念撮影



この後もアタリがちょこちょこあったのですがデカアジにやられまくり、
最後は強烈なイソンボ3連発ノンストップブレイクで幕を閉じました。

今夜もかなり期待できそうです。

それではオヤスミナサイ




博士が宝島へ逃亡の夜、トビの大群が元浦に一瞬押し寄せる


ずっと激ジブな状況が続いていた諏訪之瀬島ですが、
昨日は快晴、穏やかな風となり復活しそうな予感がムンムン。

予想どおり元浦港には早くから堤防外まわりに十分な数のトビが接岸し、
小物のアタリも数回あったようでした。

10時ごろになり港内の中央付近でトビすくいをしていたトビウオ加工業組合婦人部チーム浜原の水中灯に
見たこともないような大量のトビが一斉に光に反応し、
ザァーーーーーっとすごい音が港内に響き渡りました。

おそらく大きな群れを何者かが突然港内に追い込んできたのでしょう!
ほんのさっきまでちらほらとしかいなかったトビが一瞬で大量に押し寄せてきた感じです。

そして、堤防先端で港内に向けキャストをしていたアングラーの梅雨ブギィにGTが炸裂。
右に左にと振られながら堤防先端から沖に出ていったのがいいのですが、
そのまま堤防を巻くように泳ぎ始め、
ハシゴを上って高い堤防にロッドをもったまま移動。
あわやラインを堤防角でこすりそうになりましたが、どうにかキャッチとなりました。

見た感じ30kgオーバーは間違いなさそうです。
初GTキャッチおめでとうございます。

ファイトの際に堤防先端でエサ釣りしていた諏訪之瀬島常連の宮崎先生ご夫妻
2連ハシゴを送ってくれたチェ☆閣下
おかげで貴重な初GTをキャッチしていただくことができました。
ご協力誠にありがとうございました。

さて、このキャッチから10分もたたないころ、
高い堤防から港内出口付近にナイスタイミングでキャストした鈴木君に強烈にヒット!
アングラーみなさんの熱い注目とサポートを受け、
渾身の力を振り絞っての今期最大となる45kg(実測)のデカGTをこれまた初キャッチです。



丸々と太ったナイスな魚体。ルアーは安定の梅雨ブギィ。

自分で釣った魚はあくまでも自分で
フックはずす→抱っこする(アジ汁)→体重計に乗り計測→記念撮影(腕プルプル)→リーリーズ(ふたご)


強烈なファイト後、なかなか抱っこしきれない鈴木君に
熱い激を飛ばすウエマー師匠とうらやましがるオレの図。


いや〜それにしても立派な魚体でした!おめでとうございます。


そしてまたまた先端で港内にキャストしてたアングラーにヒット!
初めてにしては落ち着いたファイトでナイスサイズをキャッチです。



これまたワンナイトでの初GTゲット!おめでとうございます。
運がよすぎですよ〜〜〜〜〜。

この後はトビも少なくなりGTの気配が消えていきヒットとはなりませんでした。
トビが港内に追い込まれ高活性になった1時間ちょっとの勝負となったようです。
しかし、なかなかいい状況にならなかった諏訪之瀬島も40kgオーバーゲットで
アングラー達の活性もぐっとアップしましたね。



さて、この調子が続くのかと思いきや、
今日はまた朝から土砂降りの大荒れの天気となりました。
快晴と大荒れの天気が交互に訪れてなかなか海が安定しないです。
風裏となる元浦港はどうにか釣りができそうですが、
あとはトビの接岸次第ですね〜〜〜。


あっ、そうそうゲロ神桜井様が、本日上陸っす。


※アングラーの皆様へお願い
 ヘッドランプ等などの灯りで他のアングラーの顔に向けて光を長時間当てないでください。
 (1秒2秒ならともかく5秒以上など絶対ダメです)
 まぶしいのは当たり前ですが、暗い状況にせっかく慣れた目がリセットされ、
 堤防からの落水事故などにもつながる危険があります。
 移動される場合はご自分の足元付近だけをを照らし、
 タックルのチェックなどは人がいない方にライトを向けてされてください。
 
 また堤防の際にランタン等を置き明るくされるのもおやめください。
 こちらも目がやられてしまいます。
 
 危険を感じたり非常事態の場合は大きな声を出して近くの人に知らせ、
 ヘッドライト等を使って危険を回避、他人に知らせたりされてください。

 大変危険が伴うナイトゲームです
 万が一大けがをされても、病院もなくお医者さんも常駐しておりませんので、
 事故等が起きないようにどうぞご協力くださいますようお願いいたします。


 

今年の諏訪之瀬島は「マグ汁三昧!!!」byスマイリー中野

何なんですかね〜〜

元浦港にも切石港にもトビは入っているというのにGTの気配がまったくしません。

元浦港では時よりトビがザーーーーーッと逃げ回るもののどうも小型の犬か?はたまたスマか?
まったくルアーには反応せずというところです。

月が落ちて闇夜になっても状況は変わらずでやる気もなくなってきた明け方、
事件は発生いたしました。

それまで堤防で寝ていた長期スティ中で自称「世界を釣る男」の博士太郎君が港内中央付近でヒット!!
寄せてあげてみると、あらビックリ。
デカいキハダではないですか!!



実測18kgのキハダをゲット!!!

これをきっかけにみんなのテンションもUP
キハダを探して堤防先端や外側にむけてキャストを始めました。

するとすぐさまスマイリー中野君にヒット!


ルアーはDUOの青マサ

すっかり夜が明けて明るくなり始めるとあちこちでキハダのボイルが連発で発生!

さ〜〜これで中野君に火が付いちゃいました。

しばらくするとまたまた同じようなキハダをチャッチ!

そして怒涛の3連発目のキハダもゲット


トレードマークのつなぎもマグ汁をあびまくりです


その後もちょこちょこボイルは出続け、私もようやく小型をキャッチ!

ルアーはUT5トビ(プロト)

GTはいませんでしたがキハダ祭りはめちゃ楽しかったです。
それにしても中野恐るべし・・・・完全にパターン読んでますねl

さて本日のフェリーで大勢のアングラーたちがいらっしゃいました。
何が起こるか・・・・楽しみです。







calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:243 最後に更新した日:2016/11/24

search this site.

others

mobile

qrcode