home goods add reg Island gall link blog

疲れ切った頭に次の限定カラーの名前が偶然浮かぶ

おかげさまで、シーズン突入ということもありぼちぼち通販で梅雨ブギィのご注文を頂いております。

特にD7の限定カラーに関しては少数入荷の為、品切れしており、お客様へ大変ご迷惑をおかけしているところです。

今朝も、眠たい目をこすりメールチェック、3件のご注文を頂いておりました。
人気はやはり限定カラーの「新月」です。

いつもの手順でお取引内容をメール作成していると、

梅雨ブギィ D7 「新月」  と書くところを、

間違って     「臨月」と書いたのを気付かず、

送信寸前のチェックで「ワァオーー!やっべーーー」と間違いを発見、
訂正して送信いたしました。

でもよく考えてみると、まんざらおかしいネーミングではないのです。

そうです。そーーーなんです。(あえてここでは兄であるジョン・カビラ風)

一度はトビ汁を浴びた経験のある「トビッコファンクラブ」のみんなはもうおわかりですよね。
彼らはこの時期、危険を冒してまで浅瀬にやってきて産卵をするわけなので、
メスはみんな大きなおなかの中にたくさんの卵を抱えており、
ま〜〜「臨月」といっても過言ではないのです。

イベントの打ち合わせついでに新名先生に電話した時、お願いしてみたら、
奇抜なネーミング大好きなUZU工房のことです、
きっと採用してくれるような気がします。
カラー的には珍獣のおなかあたりをうすくレッドでも入れてくれたらいいんじゃないかな?

これってオレのオリジナルカラーができるってことか。
でもオリジナルが「臨月」って、・・・残念すぎる。

今日は年に一度のレントゲン便という変則運航です。
午後に諏訪之瀬に入港、2時間の停泊時間に島民の方がレントゲン検診をしちゃいます。
釣り人来るかなぁ〜〜。


追記

本日入港のフェリーで、仮釈放中のハヌーちゃんを超える大型新人アングラーがキャンプ場にやってきました。
山口県から諏訪之瀬島へ初めてお一人でお越しのこの方、かなり大きなタックルボックス3個とロッドケースを持ち込み、
歩いてキャンプ場に行こうとしているところを、ネタ的においしそうな匂いがしたため、
ウエマー師匠とハヌーちゃんにお願いして拉致。
強制的にお車で送迎させていただきました。

まず、驚いたのはキャンプ場に来たのにテントを持ってきてない事、(小さく薄いタープのみ)
そして、この時期に雨がっぱを持ってきてないこと。
初っ端からおいしい匂いプンプンな彼です。

3日前は小型の台風並みの悪天候だったというのに・・・・トカラなめてます。

今夜からまた堤防が楽しくなりそうです。






ポポポポーン

疲れたぁ=あ〜〜〜〜もうやだやだ。





今夜は9時過ぎ出勤、トビ網は一つで港に着いた時点で40〜50尾ってところでした



早い時間は先端付近を丹念に攻めるがあたりもなし、昨日と同じような感じ。


12時ごろからざわざわと港奥のトビ網付近が騒がしくなり始めたので、

低い堤防に降りて網を見に行くと結構トビが刺さっていた。


網から少し離れたところでキャスト開始。


いつもだったら2、3投でギューっとドラグが鳴くのだが、
梅雨独特のコツっ!とも当たらない。

焦りと疲れが出始めたころ、目の前でトビがまとめて何かに追われた!

今だ、フルキャスト。
着水、そのままカーブフォォール・・・・。

20秒カウントとダウン。

アタリないまま、1回目のヌルイジャークを入れてそのままステイ。
頭の中で3つ数えた瞬間、カカカッカツカァーーー。

「懐かしいアタリ、そのままもってけぇ==」

「ジジジジヤーー」

やっと梅雨をくわえてくれた。

最初のランは速攻で終了、デカくない。

ロッドが938XXだったのでガンガン寄せて、

ネットイン!

いつもの手順で車で引き揚げた。

ちっさいけどちゃんと釣りましたぜ!


珍獣ハンターでの1本、20kgあるかないか小ぶりなサイズでした。

写真だけとってそのままリリース。

その後しばらくアタリがなかったが、

夜も12時を回ったころから、目の前の網横、網上でGTが出まくる。

投げたくても投げられない。

そこで網の近くに立ち網から遠ざかるようにキャスト。

10投ぐらいしただろうか、先ほど初仕事の珍獣君がドラグ音とともに走り出した。

最初の走りから30kgはゆうに超えている感じ、

グローブでスプールを押えながら最初のランを止める。

50mほどで止まったところで、網により始めたため網から離そうと堤防を走る。

ヤッバッ!奴がスゴイ勢いで走り出した。

ラインは網のブイの方向、ラインはとっくに網を超えていることを確認できた瞬間、
簡単にラインが切れた。

アンカーロープでPEをこすったのか、角度的に根ずれとは考えられない。

あ〜〜シクッタ。

獲れない大きさではなかっただけに残念。

さようなら珍獣!

まだまだ釣れる気配だったのでタックルを変えて2投目。
突然なんか食った!

水面でバシャバシャしてラインも出ない。

「なぁーーーんだ、今年初物ガメでしょギンガメでしょおいしいでしょ!」

と、ちょっとガックリしていたその時。

「ギューーーーーーーイーーーーーンジャァーーーァァァ」

オレ

「あぁぁぁぁあああえええええええええ???????」

突然スゴイスピードで走り出した。

「ガメじゃないぞ!ーーーなんだコイツ?」

「先日のうっちゃんのドラグ音を思い出すようなMAXスピードドラグだ」

おいおいおい、冗談言ってる場合じゃないよ!
グローブでスプールを思いっきり押えに入る。

この前のようにグローブ使ってGTをリリースしてないので、
ヌルヌルkeikoではないのだ!

なのにコイツはハイスピードで止まる事なく走り続けた。

100mはとっくに出た。

これ以上はもうヤヴァイとさらにスプールを押さえる。

150m、それでも走りはまったく変わらない。

「コンニャローー手が熱いアッチィー!やけど寸前だぜ!」

熱いのを我慢して最後がっちり止めてやった瞬間、ラインが飛んだ。

「オレのすっぱーマックスパワーラインが・・・・」

「タケノコで稼いでやっと初めて買えた高級セレブ御用達のSMPがぁ〜〜〜

飛んだじゃねーーか!」


確認してみると200m巻いたラインが残り30mもない。

「どっちにしろ負けだ負け」

グローブからは染みついた鯵臭の変なにおいと白い湯気。
リールからオイルが焼けたようなにおい。

スプールホッカホカロン。

「コイツは一体何もんだ?」

あれだけラインが出て根ずれなしの一度も止まらず、ハイスピード逃走だったことを考えると、

どうもデカいGTではなさそうだ。

サメでもない。となると・・

もーしかして、犬?お犬様か!それも大型犬かもしれん。
悔しい悔しすぎる。
今年一番の大物には間違いなかった。

今さらシステム作る元気もないし2時半回ってたので、

これで撤収撤収。

「ん?トビ網なんかおかしくね?」

だんだん、堤防にブイが寄ってきている。

「まさか、オレ?」

「オレの逃げた魚が悪さした?」

高い堤防からブイをライトで照らしてみると、
アンカーロープ切れてるし、ブイの近くにでっかいGTからまってバタバタしていた。

どっちにしろマズイ、このままだと堤防に網がくっ付いてしまいそうだけど、
船もないのでどうしようもない。
ここは一旦家に帰り夜明けと同時にまた来ることにした。

早朝、漁師さんと一緒に団子になった網とトビを回収。
20kgぐらいのGTが網でぐるぐる巻きになっていたが、
ルアーはついておらず、オレの逃げた魚ではなさそうで安心した。

2時間ぐらい網の周りでボイル出まくってたので、ロープが切れるぐらいGTが悪さしたのだろう。

もうへとへとなのでもうちょい寝ます、朝の7時半です。

1本ちゃんと釣ったってことで勘弁してください。

梅雨ブギィD7、D10 限定カラー「新月」が再入荷です。

大変ご迷惑をおかけいたしました梅雨ブギィ限定カラー「新月」が再入荷いたしました。
今回も少数入荷なので、よろしくお願いいたします。

続々と届いております

ショアキャストミーチングフェスティバロまでもうすぐ!


本日までに協賛各社様からの協賛品がぞくぞく届いております。

この場をお借りいたしましてご協力頂きます各社様には厚く御礼申し上げます。

一部協賛品見せちゃいます。

こんなにたくさん




こんなものまで!

あまりのスゴさに驚いております。

たまたま参加者お一人様キャンセルは出てしまい、お席がまだあります。

参加されたい方、よろしかったらお申込みください。
締切は16日までです。

ところで今日入港のフェリーで、UZU新名氏とサップ氏が来島!

夜はお祭りですかね〜〜期待十分です。


今夜もブギィ バック♪

みなさんのリクエストにお応えして一曲!


切石港に飛びまくるトビウオ 僕をそっとつつむようなトビ臭♪

ブギィ キャスト!シェイク、フックアップ♪

ヱビス様がくれた つらいつらい根ずれ&ブレイク♪

日が暮れるのを待たずに ナイトゲームの釣りのはじまり♪


ロッドで梅雨をドカーッと投げて キターと叫んでドカドカ巻いて♪

オイラのヒザ プラスもーキツイ♪

リールを一気に 巻き取り

疲れてみんなに セイ ハロー

HEAD and ON TO THE BREAK LINE

てな具合に ええ釣りたいッスねー

いいっすね イェーッ!! なんてねーっ

釣りたいコレ?コレ釣りたい?

釣り釣り釣り釣り釣りたくなーい?



釣りたいに決まってるだろ〜〜。

またまた下らんことを考えながら先ほど帰ってきました。

歌詞の中にあるように、今夜は7時半には出勤。

まだ真っ暗でなかったためトビの気配はわからず、

タックルの準備をしながら暗くなるのを待つ。

8時を回ったころから、仕掛けてあった網にトビが刺さりだし、

今夜も楽しそうな予感がした。

網があるために高い堤防の中央付近でキャストを開始。

そして今夜も2投目・・・・・強いガツン!の前あたりのあとすぐドラグが走り出した。

高い堤防からだと危険がいっぱーいなので少しドラグを少し締めこむが止まらない。

これもデカい!30kg以上は確実と確信してるとやっと最初のランが止まった。

さぁ〜〜今日も回収し始めると右にじわじわと魚が移動しさらにラインも出る。

やっべーーっと思ってるうちに堤防に張り付きリーダーこすれる。

今から先端に向かって移動はできない、先端内側の角で切られるだけだ!

このやろーーーとロッド真横に引き込むがヘッドシェイクで抵抗してこっちを向いてくれない。

なんとかしのいで堤防から少し離れた瞬間、ガリガリブチーーーっ!

堤防下の根でブレイクしちまったぁ〜〜。

あ==あと少しライン回収しておけば楽勝だったのに。

もしくは早めに堤防の先端に行くべきだったのか。。あ〜〜またまた反省。


その後、時間とともにトビの数と活性もあがりところどころでトビが逃げる音がする。

今夜は私と仲のいい島民が水中灯をたいてトビをすくいに来ていたのだが、

トビ網付近で水中灯を点灯した瞬間、目の前のあちらこちらでGTがバッシャーーーン!

同時に10発ほど出まくる!おーーーーパラダイス。

もちろんすぐキャスト!

こういう場合は梅雨を沈めず、水面下をできるだけスローでリーリングしてちょっと止める。

ゴツゴツと2回ほどGTが甘噛みいしてくるも完全に乗らない。

3度目のあたりぐらいでやっとドラグが走る。

あ〜〜今日も鯵汁だよ!お母さん、それもキューサイの鯵汁だよ!


おおーーコイツも、けっこうデカいかもしれない!30〜40mほど出されたところで止まるが、

ヘッドシェイクがやけに重たい感触がする。


さっきのブレイクの後だったので腕の筋力が思ったように回復しておらずもたもたしてしまい。

堤防下のロープにラインが絡まってしまい、どうすることもできなくなった。

たまたますぐ漁師さんが船で出てきたので、ラインを外し魚を回収していただいた。



重くて持てない 実測37.8kg



梅雨を飲み込んじゃってます。



とりあえず鯵汁はあびておきました。

残念なことに魚はリリースできそうになかったため、クーラーを取に帰り氷詰めして保存しました。



しかし今夜はここからがドラマの始まり。


毎晩、堤防に見物に来て写真を撮って頂いたり落とし網入れてくれたりしていただいたKさんは、
実はルアーが大好きな方で、
今夜はやる気を出して、梅雨ブギィを買っていただきました。

もちろんGTなどは初心者でしたのでタックルも不安だらけ。

とてもじゃないが獲れる道具ではなかったので、私が持ってる11fnロッドをレンタルいたしました。

先ほど釣ったGTの処理で車で走り回ってると、トビすくいをしていた島民の方から携帯に電話。

「杉田さん、あの人なんか釣ってるんだけど!」

「ええまじっすか!わかりましたすぐ行きます!」

堤防までダッシュで戻ると、座り込んでロッドを抱え必死に耐えているKさんがいました。

私はすぐKさんに「とりあえず立ちましょう、ファイトできる体制作りましょう」

と、話すとKさんは立ち上がりファイトを始めた。

ポンピングの仕方タイミング、リールの巻き方を横ではなしながら必死に応援!

あまりにもうらやましかったので、

「kさん、どうっすか、楽しいっすか?ドキドキしてるっすか?」

と真剣に聞いたら、ほとんど答えてもらえずショックでした・

っていうか、生涯初めてのGTなのに答える人もいないわけでして。

リールが8000番、ラインが6号だったため、あわてず着実にライン回収を言い聞かせ、

じわじわと魚を寄せていただきました。

そうですね〜〜20分ぐらいファイトしたでしょうか、やっと光る魚体が浮かび、

人生初のGTをゲットいたしました。

記念すべき1本がコレ







実測32.6kgだったかなぁ〜〜

人生初が30kgオーバーとかありえますか・・・いや〜ほんとよかったよかった。


しばらく初ヒットの余韻にみんなで浸っていたところ、目の前でトビがわさわさ、

「話てる場合じゃないっすよ、ほら投げなきゃ。」


しばらくするとまたまたKさんの8000番のリールが悲鳴を上げている。


「ええ〜〜〜またかけたの?」

「はい、ゴツっとあたりがきたあと、持っていきました」

ファイトも先ほどと比べ物にならないぐらい余裕なファイト!

ん〜〜センスあるんじゃねーーー!

あわてずじわじわ魚を寄せ無事ランディング成功!



実測23kg


Kさん、さぞかし忘れられない夜になったでしょう。

一緒に楽しめて今夜は最高に楽しかったです。

焼酎も進みます。。。。ではおやすみなさい。




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:257 最後に更新した日:2017/05/28

search this site.

others

mobile

qrcode