home goods add reg Island gall link blog

バトルシップ「タイガー艇」発進!!! その2

はぁ〜〜今度の台風もデカいです。
フェイリーとしまは土曜日に宝島折り返し便(行ってすぐ帰る便)になったため、
午前午後と一日に2度の通船作業・・・バタバタします・・それも元浦港だし。


それでは続きです。

タイガー様がサワラをゲットしたあと、すぐさまジギング開始。
先日、ヤンバルアートのホーリー漁労長から送って頂いた、チャクラジグ デルタ200gを素早く沈める。
水深は110mほど。

着底後、フツーの速さでショートピッチでジャーク。

何も来ない・・・・

水深30mを切った時、ガツン!となんか食った。
30mってことは間違いなくサワラだ!

これはヤヴァイ・・・・。
サワラの歯はかなり鋭く、フツーのアシストなんか簡単に切られる!

案の定、すぐテンションが消えた!
やっぱ切れたか。
ジグ回収してみるとほらやっぱし。

ルアーもアシストフックも新品だったのにご覧の通り。
ズタボロスパッッとやられました!
画像ではわかりませんが、ジグには鋭い歯型がザックリと入っておりました。

「ん〜〜掛かりどころがよければ獲れたのに!」

気を取り直して新しいアシストフックを装着、すぐ沈める。
ボトムはなんもこなーーーーい!

水面まで残り20m・・・またサワラ食ったでぇ===
叫ぶ暇もなくブレイク。


またまたバッサリとやられてしまいました。

ここのポイントは10kg〜20kgぐらいのキハダがよく釣れるところなので、
最初からキハダ狙いだったんですが、
サワラが邪魔してこれじゃーどうしようもありません。

あきらめ気味で再度、ジグを沈める・・・・
フォール中にすぐヒット!

「頼む、今度は切れるな!」
無理をせずそーっと巻寄せてやっとキャッチ成功。

アシストはボロボロ、やばいとこでした。

これ以上ルアーをロストするのはもったいないと、
アシストをはずしケツにトリプルフックを付けた。

「よーーし、これでサワラもう1本仕留めてやる!」

今度は完全にサワラ狙い。
50m沈めたらゆっくりショートジャーク入れながら上まで持ってきて、
ヒットゾーンの30m〜20mでアピールジャーク!
思った通り20m付近でギューーーーーンと乗ったと同時にテンション消えたぁ========っ
まさか?

やられた・・・今度は30号のリーダーやられた・・ジグまで持って行かれた、それも新品のフックだったのに。
クッソーーーーー。
頭キタ、もう1回チャレンジ。

新しいジグのケツにフックセット完了・・・沈める。

すると10mほど沈めたところで、ソルチガLD(USA)のスプールが急に止まった。
えぇぇぇ===慌ててハンドル巻き取る。
何もないテンションない・・・きっとジグない・・・フォール中それもすぐそこ。。そうすぐ底。
コンニャロめーーーーーーーーーーーーー。
大騒ぎのオレを見て後ろでマサーシ船長がニヤニヤ笑っている。

結局、この日は新品のチャクラジグ・デルタ3本もロストしてしまった。
これ以上はもったいなくてやってられん。
完敗完敗。

そしてそのあと、使い倒した傷だらけのジグに替えて底付近で小物がヒット!
根魚と思いきやオニカマスの子供でした。




船は須崎を後にしてドクロ瀬に向かいなからまたトローリング開始。
走り出してすぐ、操船中のオレにマサーシ船長が「もうちょい、あげて!」と
スピード出せの命令。
エンジンを2300回転にあげる・・・6,7ノット

と、スピードを上げた瞬間・・・ヒット!
なんか大きそうだ。
マサーシ船長も引き上げに力が入る。


揚がったのは15kgぐらいの太ったキハダ!


マサーシ船長大喜びしながらエラと内臓を取り出す作業を始めたので、
船が止まっている間、キャスティングでマグロを狙うことにした。
ルアーは梅雨ブギィD10珍獣ハンターだ!

風下に向けてキャスト・・・D10なので風にのって遠くに飛んだ。
いいぞ〜〜〜
水深30僉腺毅悪僂鬟好ぅ爐気擦襦ΑΓ殴献磧璽目。
ズボガツン〜〜キハダノッタ〜〜。
そんなに大きくない10堊宛紊・・・無理なく寄せに入る。
船の真下に来た時。。。ポロッとバレた。
あ〜〜キハダ食いたかったのに・・。
気を取り直してすぐさまキャスト!

ジョボッ!今度はかわいいアタリ。
「小さいな〜〜〜バレるぜこれ」・・・・ゆーーーーくり巻いてみたのですが、またまたポロッ。
今日はどうも調子悪いですね。

船長が釣ったキハダの処理も終わり移動開始。
5分も走らないころ、後ろで流した道具がギューーーーインと伸びる。
「え〜〜〜またキタんすか!」



小ぶりなサワラをゲット。
相当大きな群れのサワラがこの海域に入っているようです。

船を止めることなくまたドクロに向かいます。





ここが「フカウラ」 
忘れもしない18年前、トカラ「南風丸にて生まれて最初のGTを釣った場所です。
私と諏訪之瀬島との関係がここから始まったと言っても過言ではありません。
20kgぐらいのGTでしたが今でもあの感動と腕の振るえはしっかりと覚えています。

あの時、ここであの魚を釣っていなければ、こんなことには・・・
いえいえ、なんでもございません。



つづく・・・・・



外は強烈な台風の風が吹き始めました。
家がたまにゆれてます・・・・。


かなり風が強いですので、
追記

16日朝方の切石港


夕方5時半の切石港


風裏のため比較的おだやかな元浦港


失礼いたしました。










calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:266 最後に更新した日:2017/06/27

search this site.

others

mobile

qrcode