home goods add reg Island gall link blog

ジャンボえなり君、初GTキャッチ!そしてメーサー祭り開催中

元浦のトビ接岸が高確率確変中というのに、
仕事と私事を兼ねて鹿児島に滞在中です。
あ〜〜〜もう堤防のことが気になって気になって仕方がなく、
夜中に何度も目が覚めてしまい寝不足だけは続いてます。

昨夜も早い時間からヒット連発、メーサーのアタックも数多く堤防は盛り上がっているとチェ☆閣下より入電がありました。
しばらくは島に残っているチビタカ先生、チェ☆閣下、女性ショアサメアングラーを目指すちほちゃん、
えなり君、雄輔の5人に釣りはお任せですね。


さて、先日、水曜日の夜のゲームの様子を少しUPしておきます。

シケのあとの凪から元浦港にはトビがわんさか早い時間より押し寄せてます。
港内に張られたトビ網には夕方暗くなり始めたころよりバシャバシャと突き刺さり、
その横でGTやカスミなどの捕食も頻繁に見られるようになりました。

そのため、この日もみなさん早めの堤防出勤です。
到着するとすでに港内は釣れるムードが漂ってトビ網横はもちろんのこと、
あちらこちらで追われたトビが逃げ回る光景が起こっていました。

私も到着してすぐ網横でキャストを開始・・
3投目だったでしょうか、いつものブギィ3秒沈めてちょい巻ドーーーーーーーーンで、
大物が喰ってくれました。

網横対策ドラグ設定(8kg前後)ジャージャー♪とラインが順調に放出されていきます。
沖のほうに魚を走らせ網との距離が十分離れたところでじわじわとドラグを定値に戻し、
ハンドドラグ追加と言いたかったところだったのですが、
キャンプ場にグローブを忘れたためハンドドラグ使えずでかなりラインを出してしまい、
もたもたしてしまった結果、フックアウトしてしまいました。
大きかっただけに残念です。

そうこうしてるうちに堤防中央付近でキャストしていた、
ジャンボえなり君に待望のGTがヒット!


みんなキャストをやめてサポートに入ります。
運よく沖にじわじわと魚が出ていったため、
先端角でのファイトを予想し魚に十分プレッシャーを与えながらの横移動をします。
先端に上がる脚立で転ばないよう注意して、いよいよキャッチするためのファイト体制をとりました。

魚は止まってくれたのであとは回収作業のポンピングにというところだったのですが、
体の大きなえなり君は筋力体力とも余裕なはずなのに、
リフトアップするロッドが曲がったままなかなか魚が寄って来てくれません。


ガーーーーーーーーーーーーン

リップルユーザーのえなり君なのに・・・・なのに・・・俺たちリップル仲間だったのに、
ロッドが「ファイナルスタンダッポー〜〜〜〜〜」じゃない!!!!!

きれいな弧を描き曲がり続けるそのロッドはなんと、
某メーカーさんのショアロッドでした。
えなり君本人もファイト中にこればかりは後悔した様子で、
なかなか浮き上がらないGTに苦戦していましたが、
じわじわとやっと浮き上がってきたのは彼が夢にまでみた立派な魚体のGTでした。




体重計での計測で約30kg

チャレンジ4年目でのGT!  本当におめでとうございます。

この初GTで気をよくしたえなり君は滞在予定を変更し1便居残りを決定。
さらなるサイズアップと 某ショアロッドのヤフオク行きを決意致しました。

しばらくして先端で投げていたチビタカ先生にもヒット!
すぐサポートに駆けつけるのですが、魚が走るわけでもなく淡々と魚を寄せて、
興奮度0ファイトしております。


あれよあれよという間に堤防真下に魚が浮いてきました。
小さいのか?


「オイオイオイ〜〜〜デカイじゃねーーかよ!」
一人でちゃっちゃと抱っこして体重計へ乗ると
ジャスト40kg!


もう少しちょと苦労してキャッチしてくれないといい画像が撮れません。
こいつの40kgはもはやチビサイズなんでしょうか?
体は細いのに恐ろしいやつです。

この後くらいからGTイケス釣り堀大会からサメの餌付けの時間です。

堤防中央付近で投げていたこのところ人気上昇中のザキTにサメの餌付けではなくサメの餌食タイムの始まりです。
ヒットとともに見るからにサメのような走りでみんなあまり応援する気も起らず、
まぁ〜〜〜どうぞ!みたいなサポート。




大物とのファイトもだんだん慣れてきたのかだいぶ様になってきました。


踏ん張って足元まで寄せたのですが、バタバタと暴れるサメを落としダモに入れる作業にてこずりブレイクしてしましました。


格闘のあとのザキT・・・  完全に放心状態です。オツカレッス!

その後、サメの餌食会にお集まりのみなさんはブッチブッチにサメの攻撃を喰らい続けます。

潮止まりになりしばらく落ち着いてきた港内でしたが、
上げ潮が入り始めてからチラホラとトビが逃げ回り ドッパーーーーーんと鈍くどう見てもヤツの捕食音がどこからともなくしてきます。

ルアーロストが嫌だったのでキャストも控えていたビビりの私だったのですが、
ここはみなさの為に勇気を出してヤツを退治することにしました。

サメ臭が一番漂う港内一番奥テトラ前に移動して一投目。
ギュイ〜〜=======
一発でヤツが喰ってきた。
10kgのドラグもまったく意味なくラインが出て行きます。、
徐々にドラグノブを締め込み、合わせてハンドドラグを追加するもまったく止まる気配がありません。
早くも約100mほど出されたが、運良くやつは沖に出て行ってくれたために、
一定のラインテンションを保ちラインを巻きながら堤防先端での勝負を早めに決断した(っていうか、チビタカ先生にそう指示された)

長い堤防をサメに引っ張られながら先端に到着!
さてここから地獄の長期戦に入ります。
ランとストップを繰り返し、
さすがに疲れきたのか、ヤツの反撃も10mほどで止まりそしてまた10m。
なかなか浮上してはくれません。

とうとう先端より沖に泳ぎ出したために、チェ☆閣下が用意してくれた2連バシゴを駆け上がり一番高い堤防へ上りました。

すでに腕の筋力と握力はほとんど残ってませんでしたがようやくやつが泳ぎを止めてくれたので、
力を振り絞ってロッドを起こしポンピング。
まだまだ余力があるのかヤツがまた沖に戻ろうとするのを必死にこらえ、
止まったところでロッドを起こす!
じわーーーーーーーーっとではあるが、
体力を失った私をロッドがフォローしてくれるのがわかる。
真下にヤツが来てからはリフトアップの限界を超えそうな時間が続く・・・・。
「このロッド、どこまでもつんだぁ〜〜〜」
思わず興奮して叫んでしまった。
やがてやつがじわじわと浮上してきてきた。

長くてデケーーっ!

しかし、ここからがまた地獄。
もう筋力はまったく残っていないのに、
ランディングをするために堤防外に浮き上がったヤツを内側の低い堤防まで引っ張っていかなくてはならない。
ラインを切る選択もあったのだが、みんなに迷惑をかけるのを承知でどうしても引き上げたかった。

下に降りるため、せっかく上って来たハシゴをまた降りなければならない。
サメはほとんどくたばってしまい自分の重さで沈み始めたのだが、
これが半端なく重たく、ロッドが絞めこまれて握力の限界を超え始めた。

仕方なくドラグを完全フリーまで緩めたすきにハシゴを駆け下り筋力の回復を少し待った。
底にゆったり沈みながらかすかに泳いでいったヤツをまた浮上させるためのリフトが始まった。
もう私の限界とっくに超えてる「無理だ!力が入らん」

が!このロッドは持ちこたえてくれてる。
再度、力を絞り出してロッドを起こすとぐーーーーーーっとやつが上がって来た。

またここからが大変。

落としダモには入らないのでロープで輪っかを作り、
ロッドを中に入れラインを伝わってヤツの首にロープを掛ける作戦をチビタカ先生が考えてくれた。

これがうまく成功!胴体にしっかりロープをむすぶことができ、引き上げ作業をみんながやってくれた。

バッタバッタと暴れるやつが堤防上にあがる!
デケーーーーーっ




ビビりながらロデオマシーーン撮影!



さ〜〜何キロあるかわからないしどうでもいいんだけど、

昨年よりテストさせていただいてるこのロッドのGOODなところ、ちょっと、ん〜〜〜なとこ、
少しわかったような気がします。

いつも大変お世話になっているリップルの前田さ〜〜〜〜ん!
「安心してください、折れませんよ!」

たまには真面目にタックルデータ

ロッド   RunnerExceed FINAL STAND UP 100 SXH  TEST NO.2 nano

リール   15ソルティガ6500(タケノコ出荷を頑張って今回購入、初ヒットがこのサメ)
                  微妙なドラグ調整も瞬時に可能で簡単にラインブレイク
                  もなさそうです。
                  今シーズン使い倒して耐久性などを見てみたいと思います)
      

ライン   バリバス SMP 8号 (もはや切れる心配したことないです)

リーダー  バリバス 220lb

ルアー   UZU梅雨ブギィ ボロボロの D13PRO  ここぞというときに頼りになるD13
              GTに限らず、サメ、カスミ、ギンガメ、イソンボと夜の堤防なら
              なんでもござれ!
              すごいヤツっす


そしてサポートしていただいた皆様

ヤンバル・ホーリー漁労長、東京のごうーちゃん、ジャンボえなり君、アオッティ、ザキTとその友人、女性堤防GTアングラーを目指す浜原荘のちほちゃん、チェ☆閣下、チビタカ先生、島のカヤック仲間の雄輔

それぞれの釣りをやめてのサポートに心から感謝いたします。ご迷惑おかけしましたスミマセン。


23日の月曜出港で帰る予定です。

あ〜〜早く帰りたいッス!
  





calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:257 最後に更新した日:2017/05/28

search this site.

others

mobile

qrcode