home goods add reg Island gall link blog

こいつは春から調子がエエわい

昨日はチビタカと一緒にアカズミの瀬に南風丸で渡れることになりました。


午後から3時間ぐらいの予定だったので、
タックルは1本だけにして元浦港より出航!

瀬に到着して潮の状況確認のため軽くキャストし、
梅雨の沈み具合と流れ具合を見てみる。

潮は須崎より元浦方向にざわざわと流れていたがどうにか支障なく釣りができる感じでした。

チビタカと会うのも釣りするのも久しぶりだったので、
うれしくて記念撮影しまくりました。

チビタカがまずキャストを始めるのだが、
相変わらずベイトの癖しやがってよく飛ばす。
「すごいな  お前!」

撮影も適当に終わり私も遠慮がちにキャスト開始!

ルアーは潮の速さを考慮してD10の梅雨ブギィをチョイス。
フルキャストしてゆったりめな感じでジャークいれながら、梅雨のギラギラ感を魚に見せつける。
すると

ガツン!

おーーーーーーーなんか来た。
チビタカに「食ったよ!」と叫んでしまった。

チビタカがキャッキャ笑いながら近づいてきてサポートに入ってくれた。

ドラグは堤防GTより軽めにセットしていたため、ドラグがジリッと出て止まったものの巻けない。
じわじわとドラグノブを回しすぐさまライン回収作業に移る。

テンポよくポンピングし魚を浮かせたらチビタカがリーダーつかんでキャッチしてくれた。
今期初となるGT


15kgぐらいだろうか。
私にしてみればこのサイズでよかったのかもしれないですね。
はやり堤防と磯ではぜんぜん違います。
魚に指導権と取られたらこのサイズでも簡単には上がりません。
時間もかけるわけもいきませんので、
ラインを伝ってくるヤツのデータを素早く解析判断しなければ簡単にキャッチはできないような気がします。



さて、しばらくお休みしてキャストを再開。
3投目だっったか・・・・またなんか食った。

足元まで早めに寄せて耐えている間に横に移動され切られそうになったが、
最近膝がかなり弱くなっているので瀬の上を飛んで移動もできず、
ロッドを強引に思いっきり立てて回避した。

魚がこっちを向いたのか、すーーーっと海面まで上がり、
またまたチビタカ先生にキャッチしてもらいました。


先ほどと同じようなサイズでした。

ロッド リップル  RunnerExceed FINAL STAND UP 100SXH

リール ソルチガ6000 

ライン 安定のウルトラダイニーマ 8号 

ルアー 梅雨ブギィ トビウオ D10



その後、チビタカにも私にも何かしらあたりがあったもののキャッチにはいたらず、
腕よりでかい「一日一度必ずくる」ダツとカマスサワラに遊ばれてゲーム終了!

今年のシーズン突入を感じさせてくれるような一日になりました。









calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:243 最後に更新した日:2016/11/24

search this site.

others

mobile

qrcode