home goods add reg Island gall link blog

工場長、ただ今トビウオ休暇中

早い時間から切石港には多くのアングラーやトビすくいの方々が集まり、
今までにないにぎやかな堤防となりました。
最近同様、ボチボチとトビが港内に入ってくるものの、
GTの活性が上がるほどの接岸はなく、
前半はまったりと過ごす時間が続きました。

11時頃 フェリー接岸の低い堤防前にトビが追われる状況が起こり
数名のアングラーが一斉にキャストを始めると
森島工場長が一瞬のチャンスを見逃さずキャッチとなりました。


ルアーは工場長が作り上げた梅雨ブギィD7 トビウオカラー(サイン入り)!!!

脳天フッキングだったためfファイトに多少の時間がかかりましたが、みんなの応援の中落ち着いてネットイン。
計測はしませんでしたが28kg前後ではないかと。


このあと、アタリやヒットがポツポツとあるもののキャッチまでは至らずという結果でした。

明け方前の元浦ではトビがわいたようなので今夜は要チェックかもしれませんね。



本日の上り便フェリーで長期滞在の竹内さん、片山さん、ジャンボえなり君の3名、またワンナイトの工場長がお帰りになり、代わって今話題のアオッティーが証拠にもなくまた諏訪之瀬に戻って来ました。

さて、今夜あたりトビウオわんさか来ないかなぁ〜〜〜〜

楽しい仲間たちが集結

昨日の切石港ですが、
早い時間、港内にトビはすでに入っていたものの下げ潮と共に活性がなくなり、
アタリが若干ありましたがキャッチまではいたりませんでした。


また、北西の風でうねりとジャブ波が入る元浦港では、
サーチライトに反応するトビがいるのに
親(GT)のボイルなどは一切なく、
梅雨でボトム付近を攻めてみるもまったくアタリもありませんでした。


トビもGTも全体的に活性が低くなったようです。


さて、本日入港のフェリーにてUZUチーム4名とレジェンド松岡氏、他に2名のアングラーが来島。



お土産は中華製トビウオを私とチェ☆閣下に頂きました。

今夜投げてみようかなぁ〜


またフェリーとしまには諏訪之瀬に来たことのあるアングラーの皆さんの顔も数名お見受けいたしました。
島は違えど、みなさん目一杯楽しんでください!ご安全に。
そしてまた諏訪之瀬にも是非お越しくださいね。


久しぶりに西の海上が凪になり、UZUチームと松岡氏は昼から磯へ・・・・

私は   休憩っすzzzz





まさかのTOPでシブが期待!!! 「シブ食いねぇ〜〜♪」

ここ最近、早い時間から港内奥にまでトビがいるようでしたので、
昨夜はまずテトラ前から攻めようと決めていました。

昼間の南風丸クルージングの疲れもあって遅めの9時過ぎに自宅を出発。
さっそくテトラ前で軽トラを止めタックル準備をしていると、
ヘッドライトから漏れた灯で興奮した水面を飛び出すトビのわさわさ音が聞こえてきました。

まずはテトラから15mほど離れたデンジャラス水深5mほど&岩ゴロゴロのポイントにビギンを叩き込んでみました。
1投目、遠くからポッピングしながら持ってくると手前でバフッ♪(武蔵音)がするもフッキングせず。

再度キャストして同じコースをポッピングすると。
GTではなさそうなバフッ!という音とともに水中にビギンが引き込まれました。

浅い水深ということもあって急いでポンピングして寄せてくると、
ギンガメでもない重さと水の抵抗を感じ、
そして水面に浮いて来たのはデカイ青シブ。
ルアーで釣ったのは2度目ですがTOPに出たのにはビックリです。


ビギンに飛び出した7,5kg


さらにトップを攻め続けると
本命のGTが喰いついてくれました。
水深も浅いところですので力の限り上に浮かせることを意識してロッドを起こしてポンピングしましたが、
瀬にひっかかりまったく動かなくなりました。
ここは焦らずゆっくりテンション抜けないようにラインを送ると、
10秒ほどでうまく抜けてくれたので高速で巻きあげて瀬をかわして浮上させました。

なかなかの28kg



遅れてやってきたザキTにもヒットです!

21kgです



12時ごろになると港内はトビだらけでしたが、
食いが落ち着いたテトラ前をあきらめて高い堤防へ移動。

十分射程距離内に食い気たっぷりなGTがいそうです。
堤防中央から北ふ頭先端へ向けて梅雨ブギィD10をキャスト

何度かあたりがあった後のHIT!

24kgでした。


続いて27kgをザキTがキャッチ!

ファイトも段々慣れて落ち着いてやり取りしてました。

その後くいが落ちてきたのと雨も全く止まずだったので早めにゲーム終了となりました。

好調はまだまだ続きそうです。

久しぶりの雨に打ちのめされました

本日のフェリーで岩崎さん、エウラー船長がお帰りになり、
釣り人はキャンプ場のみとなりました。
そして午後からは南風丸伊東船長のご厚意により沖に出撃。
潮がまったく動かず、小さいシビとシイラのみでしたが、
じゅうぶん楽しませて頂きました。
船長、お疲れのおころ有難うございました。

というわけで、ほとんど寝てません。
昨夜の釣果の結果は簡単に行きますのでご了承を。


トビは港内たっぷりですが、ルアー射程距離になかなか寄らず苦戦。
11時ごろより雨となり同時にいつもの東の強風が吹きだしなかなかヒットに持ち込めずでした。

9時過ぎにはガメのアタリが増えだす


スタートはアオッティーの復活祭りから




エウラー船長も参戦


またまたアオッティーです


最後はテトラ前で雄輔君



全体的にトビは十分なほど港内に入っているものの、ルアーの射程距離内になかなか近づかず、
夜中より雨模様になり風も噴き出したことからは3時ごろゲーム終了でした。



※絶好調だったアオッティーを一言で表すと
 
「OH!BIG ONE! BIG ONE! スティーブ!カモーーン!スティーーブ!スティーーブ!」
 「バキ バキッ!」
 



キャストも限界、体力も限界、オーーマーーガーーッ!

昨夜は不運なことに北寄りの10m近い強風の向かい風が吹き、
キャストが困難な状況下でのゲームとなりました。

9時過ぎにはメンバーがすべて堤防に集合。
まずはサーチでチェックするとはるか遠くにトビの群れが見える程度で、
港内にはほとんど入っていません。

あまりにも強風のためにみなキャストをすることもなく、
トビが射程圏内に寄ってくれるのを雑談などしながら出動待機となりました。

11時ごろになってやっと堤防先端方向にトビの群れが寄って来たものの、
強風のためルアーも届かず、沈まず攻めきれません。

そんな中先端角でキャストしていた岩崎さんにHIT!

梅雨ブギィをピックアップ寸前の足元でのヒットだったようです。
大きなうねりが押し寄せるなか無事にネットイン。


しばらくして先端方向に寄って来たトビに向かって投げていた雄輔君にHITです。


向かい風に強いヘビーウエイト&細身シルエットのべベルスイマーが大活躍ですね。


ルアーが脳天に突き刺さりキツイファイトでした。


私も雄輔にならってべベルで風に向かってフルキャスト


足元近くまで寄せてきたところにひったくっていきました。


トビは相変わらず先端付近に寄ったり離れたりを繰り返していました。

さらにチャンスをうかがっていると、
先端外側の角前で夜光虫の大きな光が2回ほどボワーーーーーっと光ったので
べベルを叩き込んで巻いてくるとガツンと喰ってくれました。

2本連続でのヒットですがなかなかサイズUPしません。





2時半を回るころよりやっと港内にトビの姿が見られるようになると
みんなフォローの強風に乗せて港内に向けてキャストを開始。

そして梅雨ブギィをパックリ、岩崎さんに2本目のヒット



竹内君も梅雨ブギィでヒット


なかなかいいサイズでした。

一昨日と違ってシンキングミノーへの反応が良かったですね

その後なかなかヒットに持ち込めず夜が明けようとしていたころ
この日アタリがなかったエウラー船長にタイムリミット前のHITが!




朝焼けをバックにいい画像ですね


みなさんこの日もよく最後まで投げ切り合計8本キャッチとなりました。
寝不足と疲労でテンション低めのゲームでしたが、
事故もなく無事にゲームセットでめでたし。


3晩続いて吹いた強風も今夜あたり少し収まりそうなのでまた忙しくなるかもです。


※アオッティーは..,,ん〜〜〜〜〜派手に頑張ってましたが、結果は地味でした。(ポロリ&ブレイク連発)



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:257 最後に更新した日:2017/05/28

search this site.

others

mobile

qrcode