home goods add reg Island gall link blog

チャクラでリベンジ大成功

まだまだ島は蒸し暑い日が続いております。
家の中にじっとしてるとどうにかなりそうな気分ですね。


ここ最近天候は南西の風が微妙に強く、
島の西の海上にはざわつく白波がありなかなか元浦沖に出艇できませんでしたが、
昨日は風も少しゆるんだので先日のリベンジをとカヤックで沖に出ました。

11時すぎに船だまりを出港しまっすぐGTのポイントへ向かったのですが、
潮が早いのか潮枕の波が大きくヒットした場合を考えてここはひとまず撤退。
波のこない場所で様子見のジグを開始しました。

いい反応がでたところで、先日何者かにズタボロにされたチャクラジグtype S ピンクイワシを落とし、
ミディアムスローでジャークすると小物がかかってきた。
ヒットしたのはナンヨウカイワリ!
ひとまず今夜のお刺身はゲットですね。

しばらく浅いところでやっていたのですが、なかなか波はおさまらず、
アタリもないのでインチクポイントで根魚狙いに移動。

30分ほど落として遊ぶもなーーにも釣れません。
シーハン15号で作ったタコベイトがよくないのか・・・・
反応もよくありませんでしたがあまりにもヒットがないので、
帰ろうかと思っていたところ、
ガブ瀬の前にわさわさあった枕波が消えてカヤックで行けそうな状況に変わっているじゃないっすか!

ヨッシャーーっと一気に漕いでポイントへ到着。
水深30m なるべく港に近い付近で魚探の反応をさがしてゆっくり漕いでいると、
ピッピピッピ♪といい反応がでてきた。

すぐさまジグを投入・・・・着底。
スローで細かいピッチを刻み底からあげて来るが喰ってこない。
あきらめかけた残り10mを切った時にガッツん===とジグを喰った!

ジューーーールジュルジュルーとライン放出される。
早くではないがまったく止まらない。

カヤックが今まで体験したことのない速さで波を切って進む。
「どっちだ!どっちにひっぱりやがるんだ!」
「クッソー〜〜〜〜はるか沖に見える悪石島の方だよ!」
水深も40mを超えて来た。
「このまま止まらなきゃライン切ろう」とライジャケの中に入れておいたハサミの場所を頭の中で確認した。

一向にラインは止まらないので再度フルドラグ&親指ドラグオン!
もうやけどなんてしねーぞいーーーーー今回もしっかりグローブ装着です。
するとライン放出スピードが遅くなりクンクンといかにもGTらしいヘッドシェイクが伝わって来た。
これで取れるのか!
ハサミのことは忘れることにした。
そしてようやくラインも止まり巻き巻き巻き作業開始。

まわりを見渡して位置を確認するとヒットポイントから500mほど南に引っ張られたが、
大きな波もなくキケンはなさそうだ。
魚もくたばったのかゆるやかな円運動に変わったのでこれ以上沖に出される心配もなしと。

ここからはひたすら巻いて巻いてを繰り返しながら寄せてリーダーがスプールにおさまると
カヤックの下で銀色に大きな物体が見えた。


いいところにチャクラジグ Type S がフッキング



ロッド  海に落ちても後悔しないオンボロジギングロッド5.8f

リール  海に落ちたら少し悲しい 思い出のオシアジガ―3000 

ライン  自ら切っても全く後悔のしようもない安定の 某  PE6号

リーダー 安物のナイロン20号

ルアー  傷だらけのヤンバル チャクラジグ typeS ピンクイワシ 


ポイントのご案内(親切&丁寧がモットー)



堤防のすぐ目の前で、
堤防先端より5分もすれば到着します。

まぁーーフツーはトップでGT狙うのが当たり前なんでしょうが、
カヤックで重たい番手のタックル使ってのヘビーウエイトキャストは非常にだるいし、
まだカヤック自体上達してないのでしばらくはジギングで狙ってみます。

てか、ジグの方が簡単にツレそうな気がしてるんですけど・・・
もうちょっとその辺を探ってみようかと思います。







GTはフォールにヨワシっ!!!

毎日暑い日が続いております。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

夜の堤防チェックもがんばって続けていますが、
切石港にチョロっといるもののGTがいるような状況ではないようです。

今シーズンも大勢のアングラーの方々が訪れていただきました。
おかげさまで、落水などによる大きな事故や怪我人を出すこともなく、
シーズンを終えることとなりました。
そして、キャンプ場も大繁盛!
ナイスキャラなアングラーが集結し大盛り上がりのシーズンになり
感謝感謝です。

さてさて、こう毎日暑いのでは家の中でじっともしてられません。
昨日はめったにないカガミベタ凪で無風に近く、
島の西側元浦沖は絶好のカヌー日和となりました。

上げ潮昼2時に元浦港を出艇して、
なかなか攻めることのできなかった堤防の真西沖300mのポイントへ。

南風丸や福井さんの船でGTをやるあの場所ですね。
ここは普段、西と東の潮がぶつかるちょうど南にあたりいつも潮枕が立つポイントで、
とてもじゃないですがカヤックで入り込めない場所だったのですが、
潮の流れもかなりゆるかったので満を持して今日は攻めてみました。

水深30mほどのところで魚探に大きな魚群反応があったのでベイトでジグ投入。

本日の1沈目・・・・・

スルスルスルっと20mほど沈めた時、急にスゴイ勢いでスプールが高速回転を始めた。
サミングしながらだったのでとっさに親指ドラグをオンにしてしまった。
「アヂィ〜〜〜イテテテテテっ!」グローーブ装着また忘れたおかげで一瞬でやけどした。
親指が強烈に熱い。

ようやくクラッチを返しファイト開始。
沖の方にかなりのスピードでカヤックが走り出した。
ラインは全然止まらない・・・30m、40mと出っ放しのまま沖へ引っ張られた。

5分ほど耐えるだけ状態が続き、水深は40mを超えてきたところでようやくラインが止まった。
ここでやっと、クンクンクンとヘッドを振る感覚がPEから伝わってきて、
相手がGTであることを確信した。

ここから巻いて出されて巻いてがさらに5分ほど続いた。
半分ほど回収できたところで奴は方向を変えて港に逆戻りしている。
なんてイイやつだ!

やっと余裕がでてきたので、やけどした親指を海面につけて冷却しランディングに備えてグローブをした。

魚が円運動をしながらだんだんと浮上。
さすがにくたばったのかプカァ〜〜〜と大きな魚体が鏡のような水面に浮きあがった。
カヤック2本目のGTをゲット。


上唇にうまくフッキングしてくれました

ジグはヤンバルのデルタ・アカキン  


カヤックにあげるのも一苦労


20kgはないですね。

このあと反応のいいところで小さ目のジグ投入

ツムブリが喰ってきました。
そのあとアカハタなどをゲットして終了。

熱帯低気圧の接近でしばらくは陸に閉じ込められそうです。





1

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:266 最後に更新した日:2017/06/27

search this site.

others

mobile

qrcode