home goods add reg Island gall link blog

初心者のための遠征準備  3

今回はルアーについてのお話です。


現在ではいろいろなGT用のルアーが販売されておりますが、私が堤防GTを始めた当時はツルポップやサーフェスブルなど、あとは見知らぬ外国のポッパーぐらいしか手に入らなかったので釣り方もポッピング一筋!
いかに大きなスプラッシュや低音のポップ音を出すかとかにえらくこだわってました。
しばらくして、ザウルスのトビポップやシーフロッグ、ビッグヘッドなどが出てきましたが、
毎晩毎晩、パワーポッピングしかしないもんだから右のわきの下はグリップの黒色がTシャツに付き、よくあばら骨の横がうっ血して紫になっていました。

当時はまだえさ釣りの大物師が多く、ルアーを投げる僕らは邪魔にならない堤防の先端付近しか釣り場所がありませんでしたが、釣り人自体は大変少なかったので、GTのボイルが出てからポッパーを投げてヒットさせるというゆったりしたヌルい釣り方が主流でした。
その頃、堤防で出会った釣り人は私に大きな影響を与えてくれた人ばかりでした。
今ではみなさん業界で有名人ばかりですね〜〜。

私が島に移住しても毎シーズン来島してくれるウエマー師匠やUZUのニイナ君、そしてヤンバルのホーリー漁労長、チビタカ達と釣りを楽しむ過程で、もっと釣れる方法があるんじゃないか?と試行錯誤が始まりそこからいろいろな新しいルアーや釣り方が生まれて来ました。

特にウエマー師匠は毎回いろいろなタイプの自作ルアーを削って島に持って来て、私に「これ使ってみてよ!」とフローティングで巻くと少し潜ってゆらっと泳ぐように作ったものを私にくれました。


※移住1年目に夢だった50kgオーバーを釣った時のウエマー師匠製作のルアー
何本か釣ったあとにもう一度コーティングして記念のお蔵入りに。



高価なルアーを買う金もなかった私は、さっそくウエマー師匠に教えてもらい材料、道具をそろえて自作することにしました。
長さ20cmの丸棒を旋盤で適当にクビレを作り、ドリルでワイヤー穴をまっすぐあけてから電ノコでヘッドを斜めにカット。
スイベルとバランス調整用ウエイトの2か所に穴をあけ、ワイヤーを通し丸い鉛でウエイトを装着、缶スプレーで色付け、それっぽく目玉なんかも取り付けてセルロースどぶ漬けコーティングで完成ですが、
島は湿気が多い気候なので白濁しまくってかなり手こずりました。

出来上がったルアーはポッパーに比べて毎晩使っても疲れ知らず、トビのボイルがなくてもGTを海面まで誘い出すことができ、釣果も上がって来たものですから、2年ほどずっとこのタイプのハンドメイドルアーで釣っていました。
またちょうどこのころヤンバルさんのハリアーの試作品が誕生し使用させていただきましたが、
飛距離も申し分なく、ちょこっとティップを動かすとチョンとなめらかで自然な泳ぎで、これもトップに反応のあるGTをうまくヒットさせることが出来ました。


その後はルアーをボトム付近まで沈めてゆっくり引っ張ってくるとヒットしやすい、特に水面付近を回遊するトビを追い回しておらず活性が低い状態の時にかなり有効であることがわかり、UZUの新名君が「じゃーー今度使えそうなヤツを作ってみます」ということで、現在の梅雨ブギィの試作品を作ってくれることになりました。

1年後、最初の試作ブギィを頂いた私でしたが、どうやってこいつを沈めて動かしていいものか感覚がうまく掴めず、大きくトゥイッチいれたり早巻きしてステイしたりと考えられることをすべてやったつもりでしたがなかなかGTを狙ったようにヒットさせることが出来ずモヤモヤしていました。

そんなある夜、元浦港先端外側にブギィを投げてボーッっとしながらフォールしてると、ゴォーーンと重たいアタリと同時にすごいスピードでドラグが走り出しましたが、反応が遅れたため止めることもできず100m以上出されてラインブレイクしてしまいました。
今考えるとあの喰った瞬間のスピードと重さと走りから大型のイソンボではなかったかと思われるのですが。

また違う日の夜にも切石港でも同じようなボケっとしていたフォール中のヒットがあり、
「ブギィはアクションじゃない、フォール中が重要なんだ!」
と、使い方のヒントがバーンと開けてきました。

そうこうしているうちにイメージ通りにGTの口を使わせることが徐々にできるようになり、
水深や沈下速度、天候などにマッチさせてウエイト別にD7、D10、D13proの3タイプを発売することに至ったわけです。

梅雨ブギィの一番の特徴ですがやや前方にウエイトバランスがとってありテンションフォールでもある程度水平に近い状態でゆっくりフォールし産卵で弱ったトビを演出できること。
次にキャストした飛行中の姿勢もよく十分な飛距離を出せることだと思っています。

お尻にウエイトがあるタイプはは飛距離は抜群ですが、フォール中の姿勢がどうしてもケツ下がりになってしまいますね。


現在、夜の堤防GTでは大型のポッパーとフローティングミノー、梅雨ブギィなどのシンキングミノーの3タイプをいろいろな状況に応じて使い分けていますが、今のところこれだけあれば十分だと思っています。


※伝説のカリポリアングラー塩君



※ビニテ王子と呼ばれたころのチビタカ
 ルアーすべてにアイボリーのビニールテープを巻き次々とヒットさせてました。
 これがきっかけとなり梅雨ブギィのマミーホワイトカラーが生まれました。



カラーについてはいろいろ試してみましたが今のところこれが一番などということはなさそうですので、
ご自分の好きなカラーでよろしいかと思います。


一番使うのはやはりシンキングタイプなので2泊の釣行であればポッパー2本、Fミノー2本、シンク3本〜4本もあれば十分かなと思います。

最後にフックですが、トリプル、シングルフックともなるべく太軸の物を選んで、
リリース前提であれば必ずバーブレスにされてください。
かえしがありますとフックを外すだけでもかなり時間を消費してしまい、リリースが不可能になります。
大型GTとのファイトのあとは握力もなくなりプライヤーもまともに使えません。

諏訪之瀬島ではアングラーの皆さんのサポートで、ランディングからリリースまでを短時間で行えておりますが、本来、釣った本人の責任でやらなければゲームの完結とはならないかと思います。
魚も生死をかけて戦ってくれたわけですので、リリースされるのであれば魚と同じ気持ちでリリースを速やかに行ってください。
リリース失敗などでどうしても魚をキープする場合、海に投棄せずに私や他の島民の方に一言ご相談頂ければ幸いです。
そして、大型のGTをファイトで力を使い切った直後に一人でのランディング、フック外し、リリース作業は危険な上にGTを生きてリリースすることは大変難しいものです。
是非、まわりにいらっしゃるアングラーの協力も頂き、貴重な1本のキャッチ&リリースをお願い致します。


次回はウエアー類や装備などについての予定ですがまだわかりません









初心者のための遠征準備  2

今回は初心者のための堤防GTリール選びです。

私が諏訪之瀬島の堤防GTを始めたころ・・もう22年ぐらい前でしょうか、
当時は島でいろいろと遊びたい! が,メインでGTを真剣にに釣ろうなんてあまり考えていない頃でした。

最初はPENNのスピンフィッシャー7500にPE6号を巻いてノーマルのまま使ってました。
このリールはせっかく新しく巻いたPEラインでも10回ほどキャストするとラインがヨレてガイドにからむ現象が多発しラインがブチ切れてルアーがはるか彼方へ飛んでいったりとハプニングだらけ。
また、PEラインも現在の物に比べ衝撃に弱くブチブチ切りまくっておりました。
そして、たまたまデカイGTがヒットしようもんなら100mほど一気に走られてドラグが溶けてフリーになるという惨事に!
他にもファイト中にハンドルがブチ折れたけどラインは切れておらず、2人(釣り人は塩君、サポートはサップ君)がかりで40kgオーバーのGTをキャッチするというチン事件もありました!
楽しく愉快な思い出はたくさんあるのですが、大物のGTには使えませんでしたね〜〜〜。

さすがにこれじゃダメだと思い、小遣いためて98ステラを購入してから大きく釣果が変わってきました。
当時は糸巻き量があまりなかったのでPE6号を巻いて使っていましたが、
ステラはドラグ性能もあがり、30kgぐらいのGTには問題なく使え、
またヨレなどのトラブルもほとんどなかったかと思います。
ずっと使いまくってたら、最後シャフトが折れて抜けてしまったかな〜〜。
その後は歴代のステラを使い続けトラブル等に悩むこともなくコンスタントにGTを釣ることができました。

鹿児島の天文館を離れ諏訪之瀬島に移住してからは、貧乏生活に磨きがかかり益々高級リールになっていくステラになかなか手がでず、でもそろそろ買い替え時なんだけどと思っていたところにソルチガZがダイワより登場!
発売されてから1年ほどは都会からいらっしゃるソルチガZユーザーみなさんのファイトしている様子やご意見を聞き、少し安かったこともあり購入を決めました。
当時は「ステラより頑丈だよ!」とユーザーの方の評判も良かった。

そんなソルチガZを使いまくっていたある夜の元浦港デンジャラスお立ち台で、
目の前で起きたスーパーボイルに向けてルアーをキャストすると、
フォールするまもなくヒットしすごい勢いでドラグが滑り出しました。
なかなか止まらなかったのでハンドドラグでプレッシャーを与えていると、
いきなりすごいスピードでさらにスプールが回り出しました。
グローブももちろんしていましたが、あまりの熱さに我慢できず手をスプールから離すと、
ドラグがまったくきかず完全にフリー状態になってしまいました。

まだ魚はヒットしたままだったのでもう一度スプールを押さえランを止めて、
スプールをぐっと押さえながらロッドを起こしロッドを戻すのと同時に急いで巻き取ることを繰り返して魚を足元まで寄せてキャッチできました。
長時間のファイトになったため魚は完全に浮きリリースは不可能でしたが、
堤防で体重計に乗ってみるとたしか42kgぐらいの大型のGTだったかと思います。

落ち着いたところでリールをチェックするとノーマルのドラグノブが熱で溶けて中に収まっているはずのナットがポロリと落ちてきました。
そしてハンドドラグをしていた左手の人差し指部分のグローブは穴があき、
やけどで1cmほど水膨れが出来てしまいました。

「まじか!これもドラグ溶けるのかよ!」

近くにいたウエマー師匠に言うと「純正パーツで金属のドラグノブ売ってるよ!」と・・・・

さっそく福岡のチビタカに電話し取り寄せてもらいました。
それからはこれと言ったトラブルもなく2年に1度のメーカーメンテで現在でも使える状態です。
そして2年前に現行ソルチガ6500を購入、これまでに釣ったGTは約30本ほどで現在まで何もトラブルはなく働いてくれてます。

※お尻よりお腹のフック大事ですよ〜〜〜

さて、本題に

◆堤防GTで必要なリールとは
まずはPE8号を最低200m以上巻けるもの
ん?300m以上はいらないのか?
また6号でもダメってわけではないのですが、ちょっとしたトラブルやミスでラインブレイクの確率が高いので、衝撃に強い8号が最適だと思っています。
10号になるとどうしても飛距離が伸びず、また横風の影響を受けやすくなりフォール中の姿勢に影響がでるのですが、体力と飛距離に自信がある方は使われてもOKです。
PEラインも年々強度があがり新しいラインが開発されております。
そのうちに6号でも安心してGTとファイトができるラインが出てくるかもですね。
また、最近では細いナイロンラインも使用されるようになりましたが、初心者の方はまずPEラインでしっかり経験を積まれてから挑戦されてください。
ブチブチ切られるだけです。


※早い時間より明け方まで入れ食い状態だった切石港にて、その日、最後に釣れたエウラー船長のGT、この日は全部で13本ぐらいあがったんじゃなかったかな?


糸巻き量が200〜300mでいい理由はこうです。
仮に200m巻きでルアーをフルキャストしてもせいぜい80mぐらい、そこですぐヒットしたとしても残り120m、
そこから100mファーストランで出されても残り20mあります。

トビ接岸の二つの港はそこまで大きな港ではなく港内でヒットした場合は100m出されるようなファイトではキャッチは難しい場合が多いです。
100m出される前にラインブレイクになる可能性が多いので、300mも必要ありません。
もし100m以上だされてキャッチできたのはたまたま運よく魚がいいところを逃げてくれ勝手に弱ってくれただけであって魚との勝負には勝ってはないと思っています。

私は600m巻きのバリバスSMAPを買って200mずつにわけて使ってます。
ソルティガに下巻100mプラス200mですね!
最近のPEはトラブルもなく強く長持ちしますから助かります。

遠征中にラインブレイクなどのトラブルで何度か巻き替えることを考えると、
300m以上を巻き替えるより200mだけのほうが良くないですか?
1週間ほどの遠征でも予備ラインは600mあれば十分かと思います。
もちろん余裕がある方は400m500m巻けるリールでも構いませんがそれだけ巻ける大型リールは重たいですよ==

次に大事なのがやはりドラグ!
しっかり魚が反転し強烈なスピードで走られたとしても安定したドラグ値が確保でき、溶けないもの。
これに限りますね

シーズン中、ドラグ設定を10kg以上をかけてやることが多いのですが、
たまにGTがうじゃうじゃいて何度もヒットはするものの、喰いが浅くなかなかフッキングしない状況があります。
ヒットしても5回連続ポロリなんてこともありました。

そういう時は、わざとドラグフリーにしてGTがルアーをくわえて5秒ぐらい十分に走らせてからゆっくりドラグ値をいつもの設定に戻してファイトする方法を2年ほど試してみましたが、これだと確実にフッキングしてポロリもなくなりました。
そういう意味もありファイト中の素早い操作(ゆるめたり閉めたり)も、しやすいドラグノブの形状も重要かなと最近思ってます。

次にギア比の問題。
ハイギアなのかローギアなのか!

ルアーの操作から言ってもローギアで決まりです。
夜の堤防GTではルアーを素早く動かす必要がありません。
シンキングミノーにしてもポッパーにしても早く動くルアーに反応してくれることがあまりまりません。
GTがいるポイントで何度もフォールやポッピングを見せてやった方がヒットにつながります。
梅雨ブギィを沈めて使う場合、アタリがくるのがほとんどの場合沈めている間なんです。
ハイギアだとすぐヒットポイントから離れてしまったりフォール中に弱ったトビのような動きを演出することが難しくなります。

また、足元まで寄せたあとGTを浮上させるときはすでに筋力もほとんどなくなり一番きついときにハイギアではポンピングとハンドルの巻き上げのタイミングが合わず、ローギアに比べてかえってファイト時間がかかってしまうのです。
堤防GTにおいて唯一ハイギアがいいのはルアーを早く回収でき、ボイルに素早くキャストできることでしょうか。

まーーそういうことで結局、ステラかソルティガかって話になるかもしれませんが、
その一つ下のクラスのキャタリナやツインパでも十分使用可能かと思います。



※昔あこがれだったバンスタールをとうとう手にしました

昨年、アースフィールド・フィッシングの平山さんに
バンスタールのVM275海外のモデルをお借りして使いまくってみました。
昨年は10本ほどGTキャッチしましたがトラブルもなくシーズンを通じてフツーに使えました。
気になった点はドラグをかなり締め込まないと欲しいドラグ値までならず、ノブのつまみも小さいためファイト中の締め込みがうまくできなかったのが難点ってところでしょうか?
サブ機としては十分役目を果たしてはくれそうなリールです。
ドラグ材をかえたらどうにかなるかなぁ〜〜


リールについて個人的な意見でいろいろとお話しましたが、
堤防GTの経験がない初心者アングラーの皆さんが30kg〜50kgのGTを確実にキャッチするとなると、どうしてもメイドインジャパンで最高峰の大型リールが安心ということになりそうです。
初めての遠征に新品で2セットそろえるのも大変ですので、中古でも程度の良い物があればそれでかまわないかと思います。
せっかくのGT初ヒットがタックルのトラブルでアウト!ってのは悲しいですから・・・


次は使用するGTルアーについての予定です。



初心者のための遠征準備  1

長らくお休みしておりましたブログですが、
少し早めに再開して堤防GT初心者のアングラー皆様のトビシーズン遠征の準備の手助けになればと思っておりまーす。

ご存知の通り、最大5級の僻地に移住して12年近く、
最先端の釣り文化から離れて生活しておりますので、
いろいろと間違いやご意見等もあるかと思いますがそのあたりは大目にお願いします。
まったくもって個人的な意見で書きますので・・・

ショアGTと言っても話が長くなりそうなんでここでは堤防GTに限ってのお話になります。
まず1回目の今回は一番重要な遠征に必要なタックル選びから






◆ロッドは何がいいのか?

ターゲットとなるGTやイソマグロは最低で15kg 大物だと50kg60kg70kg・・・・
一体どんなデカイ魚がルアーを喰ってくれるか釣り人には選ぶことはできませんので、
やはりそれなりの強いロッドではないとファイトどころではないということになります。
また、適したロッドを使わないと危険でもあり破損の原因にもなります。
安い買い物ではないので十分考慮してロッドを選んでください。

諏訪之瀬島では平均で30kg〜35kgのGTがキャッチされることが多いですので、
当たり前の話なんですがGTをメインターゲットとしたショアロッドが初心者の方にオススメです。

現在、世の中にどれだけのショアGTロッドがあるのか詳しく知りませんが、
実際にキャストしたりファイトしたりキャッチしたロッドで言いますと、(スピニングに限ってです)

リップルフィッシャー
RunnerExceed 100SXH FINAL STAND UP
RunnerExceed 105BXH FINAL STAND UP
RunnerExceed 100SHH LIMITED
RunnerExceed 105BHH LIMITED

MCワークス
RB 106XX

ゼナック
ミュートス 100HHH

※島に移住して1年目に52kgのGTを釣った時はオシアGT 97でした。
グリップと豪快なリールシートが使いづらかったのでウエマー師匠に改造してもらい軽く使い安いロッドになり強引なファイトでも魚をうまくコントロールすることができキャッチとなりました。
そして、魚を浮かせるパワーはあまりなかったけど、ウエダのウルア GT 10fはキャスティングが最高に気持ちのいいロッドでした。ドワ〜〜ンとスローな反発力でルアーウエイトがロッドにのる感じが昭和的でよかった!
今でも欲しいけどガイド全部交換しないと使えないでしょうね〜


これくらいしか触ったことないのでなかなか難しいのですが、
トビウオが港内に入って来るといっても足元近くでヒットというのはなかなかなく、
何度もブログに書いて来たとおりルアーの飛距離がヒット率を上げるまず第一の重要なポイントになります。

ご自分の体型や筋力に合わせ一番投げやすいウエイトをフルキャストできるロッドを選んで頂きたいのですが、
なかなか難しいので是非ショップさんなどに相談され実際に手に取って確認された方がよいでしょう。
試投できれば最高ですけどね。

次はヒットしてからのファイトの問題です。
30kgぐらいのGTですとファーストランが約30〜40mぐらいラインを引き出して止まります。
止まるといってもそれなりのドラグ値とハンドドラグやロッド操作が必要ですが、
まぁ〜〜50m以内で止まると考えてください。
止まってからロッドを立ててポンピングにして寄せに入りますが、
足元まで寄せるまでにセカンドランで5m〜10m走ります。
寄せる最中は短いボートロッドでもまったくかまわないのですが、
足元まで寄せてここからが大一番きついファイトの始まりです。


※島勤務5年目にしてますます気合のあるファイトを見せるザキT



なぜ10f以上が必要なのか?

釣り場の高さが問題になります。
トカラの島々の堤防は台風などの大波に耐えるように高い防波堤になっており、
海面より7〜8mぐらいになります。
もちろん、フェリー接岸の低い堤防でキャストすることもありますが、
ほとんどが高い防波堤でのゲームとなることが多いです。

高い堤防の場合、10f以上のロッドが取り回しがよく、
足元まで寄せて堤防に張り付いたGTをいなしたり堤防より離したりするのに都合がいいわけです。
特に足元まで寄せて堤防の角での最終攻防になると長さがものを言います。
真下にすごい力で引っ張られながら堤防先端の安全な角に歩いて行きファイトを続行することが多々ありますが、
短いロッドでダイレクトに真下に引っ張られながら魚をコントロールするのはなかなか初心者の方には厳しいかと。

また、防波堤は海底のケイソン(基礎)の上にのかっていますが長年の大波によってずれてしまい上からは見えませんが多少の段差ができてます。
なので壁にピッタリ張り付いてフックを外そうとするGTを素早く壁から離し沖に出す作業をするわけですが、手こずっていると壁の段差にリーダーやPEラインをこすって切れてしまうことがありますので要注意です。

よくオフショアのボートロッドではだめでしょうか?
と、ご相談を頂くのですが、
同じルアー同じライン同じ筋力&テクではショアロッドに飛距離はかないませんし、
数少ないチャンスを確実にヒットに結びつけるためにも、
GTターゲットメインのショアロッドを準備されてください。

また昔12fなどの少し重ためのロッドも販売されてたかと思いますが、
一晩で何十回もキャストするのに重たすぎてバランスも悪く疲れたり手首を痛めたりすることもあります。
持ち重りするロッドを滞在中に毎晩キャストし続けるのもなかなか簡単ではないですよ〜〜〜
最近のモデルはブランクも軽くリールとバランスもいいので以前にくらべ長時間もキャストも可能になってますね。


エウラー船長はいつもボートロッドでグイグイです!


もしものことを考えてタックルを2セット準備して欲しいところですが、
ショアロッド2本が難しい場合、サブはオフショアロッドでも仕方ないかなと考えるところです。


次はリールのお話の予定です



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:277 最後に更新した日:2019/02/09

search this site.

others

mobile

qrcode